ご訪問有難うごいます!   2015年からのカウントです

アクセスカウンター

プロフィール

FC2USER241859HWH

Author:FC2USER241859HWH
棋譜の感想戦?甥っ子と叔父の真剣勝負

呑んべいが勝手気儘にブログを綴ります。
居酒屋でする与太話のようなものです。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

居酒屋与太郎
登山のち酒時々与太話
石鎚山 女人禁制の開山日
7月1日(土)
残雪の腐れによる危険を懸念して南アルプス悪沢、赤石周回を断念。予備案の四国石鎚山をN氏と2人で遠征することとなった。
前日に開山の神事があることを地元の人から聞かされ、期待に胸膨らませ当日は準備に怠りなく、まだ辺りがほの暗い時間から意気込んだ。
ただ登山道に一歩踏み入れると、雫に濡れた草木が体にまとわりつき霧雨が時折頬を濡らし足取りが重たい。
しばらく、我慢の歩行が続いたがやがて沢沿いの涼しい風が体の熱を冷まし、徐々に気持ちも高揚してゆく。そしてようやく滝や風穴など、周りの明媚を楽しむ余裕が出てきた。
 西之川の登山道はかつての主ルートとみえ、多くの宿坊やお店跡がいにしえの繁盛ぶりを彷彿とさせる道筋である。ロープウェイを運行するようになってからは廃れた道に人影も少なく、今日もこのルート上で私達2人以外に誰も声を聞くことが無かった。
ただこの人気なき道も八丁で主ルートに合流する頃には、成就側から祭りの勇壮な掛け声や法螺を吹く音が段々と賑わしくなる。
階段の急坂が始まる前に休憩を取っていると、やがてご神体を担いだ二、三十人の勇壮な男衆がやってきて同じ場所で息を継いだ。神事は仁・智・勇の三つのご神体を、3組の男衆が間隔をおいて掛け声とともに、頂上を目指すのだが、私たちはこの後、智と勇のご神体に挟まれながら行動を共にした。
そして核心の鎖場に到着すると、掛け声と念仏が入り混じる中、法螺を吹く音が一層大きく山肌に響き渡る。ご神体を担いだ男が、濡れた岩場の合間に足袋を入れ滑りながら必死で登ってゆく姿が印象的だった。
最後の第三の鎖では、多くの報道陣がカメラを構える中、なんと同伴のN氏がご神体の一行を追い越して、一団の真ん中を陣取りながら登るという掟破りの行動に出る!多分テレビ放映では不細工な絵面に困惑し、編集に苦労したのではなかろうか!!
そんなアクシデント?も含め、無事登頂した暁には、霧も晴れ垂直にそそり立つ天狗岳の雄姿を拝むことが出来た。さらに頂上神社から天狗岳の切れ落ちる岩稜の尾根を恐る恐る歩き、目的の天狗岳の頂部に立ったときには達成感一入だった。
雲の合間から神々しく顔を出す頂きを拝み、ご神体を担ぎ終えた男衆とともに、山での安全とご加護を祈りつつ無事下山の途につくことが出来た。

平面距離  14.9km
沿面距離  17.4km
記録時間 09:24:01

最低高度 405m
最高高度 1,981m

累計高度(+) 3,164m
累計高度(-) 3,148m

平均速度 1.9km/h
最高速度 93km/h

消費カロリー 3897kcal

isizuchiyama(1).jpg

麓の駐車場 まだ真っ暗
201707010001.jpg
下の神社
201707010002.jpg
石土蔵王大権現ののぼりが並ぶ
201707010003.jpg
西之川登山口付近は、昔の宿坊、お店跡石垣が続く
201707010004.jpg
最初の渡渉は橋が架かっていた
201707010005.jpg
渓谷が明るくなる
201707010006.jpg
細い滑滝が続く
201707010007.jpg
天狗のような大岩 その鼻の部分
201707010008.jpg
後ろから見るとかなり大きな岩である
201707010009.jpg
沢沿いを歩き
201707010010.jpg
大きな水流を眺めつつ
201707010011.jpg
朽ちた橋を渡るのに緊張する
201707010012.jpg
風穴からは冷たい風が吹き上がる
201707010013.jpg
ようやく八丁の出合に合流
201707010014.jpg
ここで後ろから勇壮な掛け声が近づく
201707010015.jpg
ここからしばし階段の急坂が続く
201707010016.jpg
ちょっと一服
201707010017.jpg
すると、神輿を担いだ男衆が掛け声とともに現る
201707010018.jpg
彼らも同じ場所で休憩 この後彼らの後ろを歩く
201707010019.jpg
試しの鎖 ここへは登らない
201707010020.jpg
前社森小屋 不動の力水で第三グループの男どもは活を入れる
201707010021.jpg
先行第二グループに追いつき そしてここからが核心の一の鎖場
201707010022.jpg
掛け声とともに、ご神体を担ぎ上げる
201707010023.jpg
N氏も後を追って必死に食らいつく
201707010024.jpg
神輿グループに交じって登る一般登山者
201707010025.jpg
濡れた岩場が、行く手を阻む
201707010026.jpg
二の鎖小屋が見えた
201707010027.jpg
山開き大祭の旗が揺らめく
201707010028.jpg
新しくなった休憩所、社付近にご神体が集まる
201707010029.jpg
ここからは第二グループの神輿についてゆく
201707010030.jpg
二の鎖場で男衆の声が一層高らかに
201707010031.jpg
天空に消えてゆく鎖
201707010032.jpg
N氏も続く
201707010033.jpg
そして最後の第三の鎖場で
201707010034.jpg
ご神体を担ぐ男衆が待機
201707010035.jpg
テレビ局もカメラを構えてスタンバイ そしてなんとN氏が掟破りの突入
201707010036.jpg
登頂すると向かいには天狗岳がそびえる
201707010037.jpg
ご神体を無事担ぎ上げた男どもが頂上でたむろする
201707010038.jpg
さて、我々はあの天狗舳先を目指す
201707010039.jpg
振り返って、両サイド切れ落ちている 思わず座り込むN氏
201707010040.jpg
天狗岳登頂
201707010041.jpg
300mは垂直に切れ落ちている
201707010042.jpg
天狗から石鎚山頂を振り返る
201707010043.jpg
ここからは、山頂の喧騒が聞こえない
201707010044.jpg
再び山頂に戻り、神社にお参り
201707010045.jpg
空気の澄んだ日には鳥取の大山もみえるそうだ
201707010046.jpg
天狗岳に雲がかかる
201707010047.jpg
男衆が揃ってお祓いを受ける
201707010048.jpg
下る方面も雲が湧き上がってきた
201707010049.jpg

 
貴重な映像となりました



帰りは鎖を使わず、う回路の階段を使って降りる
201707010050.jpg
でも階段もかなりの高度感が味わえる
201707010051.jpg
ひっそり佇むお地蔵さん
201707010052.jpg
下りの尾根筋が見える
201707010053.jpg
鎖場を振り返る
201707010054.jpg
雲の切れ間から顔を出した石鎚山垂直の岩稜
201707010055.jpg
まだまだ、下ります
201707010056.jpg
あれが試しの鎖で登る頂部分
201707010057.jpg
名物力あめゆ
201707010058.jpg
石槌神社の鳥居を振り返って
201707010059.jpg
ここから提灯が
201707010060.jpg
石鎚山中宮成就社まで降りてきた
201707010061.jpg
中宮はこのように広く、お店と宿坊が並ぶ
201707010062.jpg
7月1日は一般参拝はここまで。お札を貰った男しか進めない。ここから上は女人禁制である
201707010063.jpg
瓶が森の頂上が見える
201707010064.jpg
ロープウェイ山頂駅
201707010065.jpg
ロープウェイ山麓付近
201707010066.jpg
役行尊像にご挨拶して、今日の無事に感謝
201707010067.jpg

スポンサーサイト

石鎚山① アフターの美術館
石鎚山登山 アフター

7月1日はN氏と四国の石鎚山へ。
そして、幸運にも開山のご神事を見ることが出来た。
そのレポは後日ということで、取り敢えず翌日鳴門の大塚美術館の鑑賞へ行った時の
様子をアップさせていただいた。
ここは、全作品レプリカという疑似物の展示美術館なのだが、すべての絵を実物大で再現してあり補正しながら陶磁器板に転写するという大変技術のいる制作過程を経ている。また、作品の額や展示環境まで再現しており、ある意味世界でも唯一無二の工芸品展示場といってもよいかもしれない。また全世界の名画が、年代別に再現してありとても面白い美術館である。
N氏たっての希望もあり、私は今回2度目の鑑賞となった。それでも作品の数と規模からすればとても、全部鑑賞しうるものではなかったが、新たな発見もあり今回も十二分に楽しめた。

大塚国際美術館 概要
敷地面積 66,630  建築面積 9,282
 延床面積 29,412  (8,897坪)
 構  造 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
 階  数 地下5階・地上3階
 設  計 株式会社 坂倉建築研究所
 施  工 株式会社 竹中工務店
 開  館 1998年(平成10年)3月21日

大塚美術館入り口
201707020001.jpg
大塚美術館入り口2
201707020002.jpg
エントランスへ向かうエレベーター
201707020003.jpg
エントランスを過ぎるといきなり目の前に
201707020004.jpg
システィーナ礼拝堂天井画完全再現
201707020005.jpg
フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」
201707020006.jpg
エル・グレコの祭壇
201707020007.jpg
古代遺跡絵1
201707020008.jpg
古代遺跡絵2
201707020009.jpg
スクロヴァーニ礼拝堂
201707020010.jpg
サンドロ・ボッティチェッリ 「ビーナスの誕生」
201707020011.jpg
ブリューゲル 「バベルの塔」
201707020012.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」
201707020013.jpg
カラヴァッジオ 「聖マタイの召命」
201707020014.jpg
レオナルド・ダ・ ヴィンチ 「モナ・リザ」
201707020015.jpg
モネの蓮池を再現したもの
201707020016.jpg
ゴヤ 「裸のマハ」
201707020017.jpg
ドミニク・アングル 「泉」 お気づきの通りこの絵は縦です
201707020018.jpg
ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」
201707020019.jpg
マネ 「笛を吹く少年」
201707020020.jpg
フランソワ・ミレー 「落ち葉拾い」
201707020021.jpg
ゴッホ 「ヒマワリ」
201707020022.jpg
ジョン・エヴァ レット・ミレー 「オフィーリア」
201707020023.jpg
ムンク 「叫び」
201707020024.jpg
シャガール 「作品名分かりません」
201707020025.jpg
ダリ 「茹でた隠元豆のある柔らかい構造」
201707020026.jpg
ピカソ 「作品名分かりません」
201707020027.jpg
ピカソ 「ゲルニカ」
201707020028.jpg
円柱に映されただまし絵
201707020029.jpg

次、石鎚山登山で女人禁制の開山祭の貴重な映像をUP予定です
JR粟野駅~野坂山~三国山~白谷 縦走
6月24日(土)
昨日は、N氏とT氏のお二人とJR小浜線上の各駅で乗り合わせ、朝6時22分粟野駅で下車。
本日はここをスタート地点とし、一路野坂山を目指す。この日は野坂山麓から中腹にかけて蒸し暑く、あまりの汗の量にこの後の長い行程に一抹の不安を覚えた。
けれど、一の岳を過ぎた辺りからは心地よい風が吹き出すとともに汗も引き、時折無駄口をたたけるほど足取りも軽くなった。
残念ながら野坂山頂では、かすみのため遠くまで見渡せなかったが、まずまずの日和であった。植物に詳しいT氏のレクチャーを受けつつ、ここからは未踏の縦走路をひた歩く。
行程の中間地点芦谷山を過ぎた辺りからブナの大木の森が広がり、見たことのないような真っすぐ上に伸びるブナの木を、何度も足を止め見入る。そして大木に囲まれたブナの森で昼食を摂り、しばし営養を得る。

昼からいよいよ本格的ルートファイティングが始まり、GPS片手に何度も進路修正しながら送電鉄塔に辿り着く。さらに三国山を過ぎてから明王の禿を背に、再びルートファイティングが始まった。ショートカットのはずが悪戦苦闘の連続で、結局予定時間を少々オーバーし下山となった。
福井県粟野から滋賀県白谷までトータル22kmにわたる縦走路の中で、長い時間のルートファイティングが2度もあり、かなり体力を消耗した。それでも、心強いお二方の助言のもと怪我もなく無事下山出来た。アスファルト道を見て文明の利器がこれだけ恋しく思ったことは無かったかもしれない。
ブナの大木の森といいルートファイティングといい、盛りだくさんの充実した1日であった。

平面距離  17.5km
沿面距離  21.8km
記録時間 10:07:14

最高高度 920m
最低高度 41m

累計高度(+) 4,821m(実際はこの半分くらいだと思う)
累計高度(-) 4,707m

平均速度 2.2km/h
最高速度 20km/h(こんなスピードで走った覚え有りません)

消費カロリー 5305kcal(今回はこれくらいは消費したかも)
h29624.jpg


野坂山登山口付近 N氏が颯爽と先頭をきる
201706240003.jpg
一の岳で休憩
201706240004.jpg
蝶々 名前はわからない
201706240005.jpg
タツナミソウ T氏より名前を教えてもらう 覚えていた!!
201706240006.jpg
これは聞いたが・・やはり忘れている
201706240007.jpg
快調に歩くN氏
201706240008.jpg
野坂山登頂 今日は霞がかかり、白山や伊吹山が見えない
201706240009.jpg
この後、右手に薄っすら見える山の向こう側、滋賀県に降りる
201706240010.jpg
先ずは、野坂山を下る
201706240011.jpg
芸術的なうねり
201706240012.jpg
山ルートは野坂山裏登山道 ここを真っすぐ進む
201706240013.jpg
振り返って野坂山を望む
201706240014.jpg
快適なブナ林が現れる
201706240015.jpg
芦谷山で休憩
201706240016.jpg
樹齢の浅いブナ林
201706240017.jpg
立派なブナの木が現れる
201706240018.jpg
カナブン一群、子供カナブンもうじゃうじゃいる!
201706240019.jpg
真っすぐに伸びるブナの木 珍しい!
201706240020.jpg
この後至る所にギンリョウソウが 今日はピント合いました
201706240021.jpg
背の高いブナ林群
201706240022.jpg
手つかずのブナの森 一つ一つが真っすぐで非常に背が高い
201706240023.jpg
30mはあろうかという大木
201706240024.jpg
下から見上げて撮影中
201706240025.jpg
本当に大木が多い、ブナの森
201706240026.jpg
堀切のような登山道を進む
201706240027.jpg
ようやく、ポイントの鉄塔に到着 しばし休憩
201706240028.jpg
乗鞍方面
201706240029.jpg
鉄塔からルートファイティングの末、やっと三国山に到着
201706240030.jpg
明王の禿の標識 ここから反対側へまたもやルートファイティング
201706240031.jpg
明王の禿にこの後の安全を祈願
201706240032.jpg
この近くに降りてきた
201706240033.jpg
白谷へ抜けるアスファルト道 人の道は安心する!
201706240034.jpg







急遽、荒島岳へ
6月17日 荒島岳

17日は白山のお誘いも、嫁の送迎のため時間に間に合わない。送迎先の敦賀からこっそり白山へ後追いしようかどうしようかと思案していたところ、前日夜やまびこさんから荒島に行くとの連絡があった。
送迎後何とかご予定時間には間に合いそうだと一路、大野の荒島へ向かった。駐車場ではなんと、としパパさんもお待ちいただいていて、思わぬ初対面、終日ご一緒することとなった。
当日は、朝から好天で気温もじりじりと上昇。シャクナゲ平を過ぎたあたりから流石に暑さでへばり気味。なんだかんだで、3人無事登頂ししばし眺望を楽しんだ。
でもこの日は、3月の時には見えなかった北アルプスや乗鞍、南は滋賀県の金糞山まで見ることができ、飽きることなく何度も周囲を見渡した。
また、平素はソロ登山が多いのだが、こうして皆さんとご一緒歓談しながら登るお山も、ひときわ楽しかった。
 急遽のお誘いだったが、充実した一日を頂き感謝したい。

勝原スキー場入り口
201706170001.jpg
朝から日当たりがいい
201706170002.jpg
とにかくお二人に、ついてゆく
201706170003.jpg
アザミが綺麗だったので
201706170004.jpg
スキー場上部、ここから滑り降りたのだろう
201706170005.jpg
六呂師高原が見える
201706170006.jpg
ケルンの横に雑草が生えて
201706170007.jpg
ここから登山口
201706170008.jpg
ギンリョウソウの団体さん
201706170009.jpg
今年初のギンリョウソウにもう一枚 でもピントが
201706170010.jpg
荒島は背の高いブナ林が多い
201706170011.jpg
木漏れ日が気持ちいい
201706170012.jpg
有名なトトロの木 何故か写真を撮ってしまう
201706170013.jpg
この辺りは木の根が登山道に張り出している
201706170014.jpg
もうこうなったら網目のよう
201706170015.jpg
白山こんにちは 当初あそこへ行く予定だったのね
201706170016.jpg
ここから長い階段が続く
201706170017.jpg
階段を避けようと思っても・・
201706170018.jpg
結局、階段を歩かざるを得ない
201706170019.jpg
白山と別山
201706170020.jpg
シャクナゲ平で一服
201706170021.jpg
もちがかべは、何度登ってもしんどい
201706170022.jpg
小荒島を見下ろして
201706170023.jpg
荒島頂上まであと一息
201706170024.jpg
頂上の祠
201706170025.jpg
荒島標識の左手に白山
201706170026.jpg
向こうに見えるは能郷白山
201706170027.jpg
大野盆地
201706170028.jpg
北アルプスの山並み 右手に穂高、左手に鷲羽、真ん中右が槍ヶ岳、左が笠ヶ岳
201706170029.jpg
乗鞍岳も良く見える
201706170030.jpg
最後まで足取が軽く涼し気だったとしパパさん。
201706170031.jpg


天ヶ森(ナッチョ)、天ヶ岳
6月10日
京都北山の奥深く、今日はナッチョ目指して歩いてみた。
大原を外れ、国道477号線を百井側に入る。登山用の駐車場なんてものはないので、道路わきの僅かな空き地に停め、登りだした。つい見逃してしまいそうな登山口だが、誰が置いたか鹿の頭蓋骨が目印になっていた。
ここは、登り口こそ心もとないが、しばらく歩くと新緑の広葉樹に包まれた登山道が続き、終始快適な歩きを楽しめる。
今日は、ナッチョ頂上も天ヶ岳頂上にも誰も人はいなかった。途中2人の登山者とすれ違うばかり、やはりシャクナゲの時期を過ぎるとこんなマニアックなところへは誰も興味示さないのだろうか。天ヶ岳は鞍馬駅からアクセスできるので、通常そこそこ人で賑わっているのだが、義経の亡霊すらいなかった。おかげで、ゆっくり静かな散策が出来た。

今回は山と高原地図からトレースを記録
開始日時:2017-06-10 08:23:54
終了日時:2017-06-10 12:53:57
総行程14km
2017061000.jpg
国道477から百井の方へ少し入ったところ
201706100001.jpg
鹿の頭・・これが目印か?
201706100002.jpg
ちゃんと有りました!ナッチョの登山口目印
201706100003.jpg
朽ちた橋を渡って
201706100004.jpg
この辺りから杉林を抜ける
201706100005.jpg
思ったより快適な登山道
201706100006.jpg
ここがナッチョ分岐
201706100007.jpg
鹿よけのネットを抜けて
201706100008.jpg
ここが大原の里10名山ナッチョ山頂!
201706100009.jpg
天ヶ森が正式な名称?
201706100010.jpg
木漏れ日あたり快適な山頂
201706100011.jpg
京都市内が見えるのだけど・・ちょっと霞んでいる
201706100012.jpg
今度は下り道
201706100013.jpg
ナッチョ分岐から
201706100014.jpg
誰か、ここまで荷物運んできたのかな?思わずここで道間違え・・
201706100015.jpg
少し崩落があるので迂回して
201706100016.jpg
何のためだかH鋼が刺さっていた
201706100017.jpg
広い古道に出てきた
201706100018.jpg
立派な別荘のようだが、今は使われていない様子
201706100019.jpg
百井の部落に入るには鹿よけを超なければならない
201706100020.jpg
長閑な山村の部落、百井
201706100021.jpg
このお宅は、ライオンがお守りしている
201706100022.jpg
百井周辺は古道が多い
201706100023.jpg
右が百井峠、この分岐を左へ
201706100024.jpg
大原、鞍馬の看板が出てきた
201706100025.jpg
ここでは鞍馬駅側に進む この辺り義経も歩いたのかな?
201706100026.jpg
そして、本日2座目の大原の里10名山、天ヶ岳
201706100027.jpg
今日は頂上に誰もいなかった
201706100028.jpg
ここを右に
201706100029.jpg
この辺りは岩場が続く
201706100030.jpg
この分岐を左へ、右は大原、静原へ下る
201706100031.jpg
快適な尾根道
201706100032.jpg
鉄塔を横切って。本日初めてまともにお日様に照らされる
201706100033.jpg
真ん中の僅かにとがったところがナッチョ 対面の尾根筋から
201706100034.jpg
長い尾根道、この辺りはシャクナゲの群生地だが終わっている
201706100035.jpg
救助標識が1に、あともう少し
201706100036.jpg
杉林が終わりに近づくと
201706100037.jpg
最後にこの橋を渡って再び国道に出る
201706100038.jpg