リトル比良縦走 高島駅~北小松駅

9月24日(日)今日はリトル比良へ、なんちゃって縦走へ出かけた。ここの山は700mそこそこしかないが、琵琶湖の海抜が85m程なので意外と登るそして、細かいアップダウンが多く、久々の暑―い1日に風も無く、三重苦に苛まされた。リトル比良のシンボルは、何といっても最初のほうに現れる、白い砂岩である。一見雪のように見えるこの岩は風化していて砂のように見えるが、硬くて崩れているわけではない。そして、このコースで唯一...

荒川三山と赤石岳周回 No2

赤石岳 2日目前岳と赤石岳の谷間に位置する荒川小屋は最もアクセスの悪い山小屋として有名だが、その遠さゆえかテン泊の人もおらず、定員100名のところ十数名の登山者しか泊まっていなかった。夕食を前に居合わせた人と山談議に花が咲き、楽しいひと時を過ごさせてもらった。私とは反対周りで登ってきて翌日同じ椹島に下りるルートを辿るそうだ。聞くところによれば明日の悪沢岳が百名山99座目の登頂となり、今秋残す利尻岳...

荒川三山と赤石岳周回 No1

9月9日(土)~11日(月)荒川三山、赤石岳周回計画の段階で天候などに阻まれ、今回が三度目の正直である。入山コース変更も考えたが、やはり一番安全で無理のないルートとして椹島入山で荒川三山と赤石岳を周回することとした。新東名の島田金谷を降りて大井川の上流目指し2時間半ひたすら山間へ分け入る。さらに畑薙臨時駐車場から林道を1時間バスに揺られようやく椹島に到着。出発日は椹島に泊まり翌早朝出発とした。1日目千枚...

小女郎ヶ池を経て蓬莱山へ (ピストン)

国道367号の坂下トンネル手前から旧道に入り、坂下の部落にある広い側道に車を停める。今日も人気のない登山道から小女郎ヶ池を経て蓬莱山を目指した。見覚えのない喫茶店?を横目に、サカ道登り口に取り付いた。しばらくは鬱蒼とした杉林を登るが、やがてブナ林に入ると心地よい風が抜ける。あまり、使われていない登山道のようだが、道は案外明確で歩きやすい。池に近づくと灌木が増えはじめ、合間からは広々とした草原が見え...

赤坂山へ”こそトレ”

昨日あたりから、空気が入れ替わったのかカラッと晴れあがり朝晩も一時より涼しくなってきた。とはいえ、まだまだ本調子ではないので、こっそり赤坂山へトレ-ングを兼ね出かけた。木陰で風に吹かれればなんとなく秋の様相で、準備しているだけで汗が滴り落ちた時と比べれば随分ましである。見通しの良い日は頂上から白山や鈴鹿山系、丹後半島等が見えるのだが、今日は雲に阻まれて僅かに伊吹山や日本海が薄っすら見えた程度だった...