旧鯖街道と春のトクワカソウ

のりすてさんからお誘い頂き、当初候補地に挙がっていた百里ヶ岳を小入谷から入山することに。
早朝、夜中に待ち合わせ個所の最終確認メールが届いていたのを見て、何やら車中仮眠の感じも?と穿ちながら慌てて準備確認し家を出た。待ち合わせの7時30分より50分程早めに到着したが、案の定すでに車中仮眠でお待ち頂いていた。
そのあたりは、流石スノーボードの競技選手だけあって、前日深夜入りの習慣が身についていらっしゃるのだろう。伺ったところによれば登山もトレイルランから入れたようで、健康の為にとかいうユルーイ理由で登っている私とは一線を画しているような・・

今日は一番無難な百里新道から取りつき、新芽が吹く前のブナ林を抜け高度をあげてゆく。
朝は肌寒かったが、徐々に穏やかな陽気で心地よい歩行が続く。中腹ではトクワカソウが可憐な花を咲かせ、今年一番の春を感じた。のりすてさんと色々お話をしながら歩いていたので、あっという間に百里ヶ岳頂上に到着した。
ここから引き返してそのまま下山の予定だったが、急遽予定変更し木地山峠を経て一旦小浜側登山口まで下山することに。途中ソメイヨシノを愛でながら、牛舎跡で昼食を取った。
午後は、林道登り際にある旧鯖街道の登り口に取りつく。ここからは、広葉樹林帯を九十九折にひたすら登ってゆく。時折、足首まで埋まる枯葉道に苦戦しながらやがて根来峠に到着。所謂、鯖街道最大の難関峠でありかつ要所である。小浜では京は遠ても十八里というが、昔の人は重い鯖を担いでこの道を行ったのだろう等と思いを馳せる。
根来峠からは、ひたすら小入谷に向かって降り、やがて駐車してあった河川沿いの空き地に到着、無事全日程を終了した。
結局約20km弱の行程を歩いたわけだが、恐らく私一人だけであればこれだけ歩かないだろう。終始、のりすてさんのトークとフォローで難なく山行をこなせたことに感謝。
そして心地よい春登山を楽しませて頂いた。



百里ヶ岳、鯖街道と根来峠周回
百里ヶ岳と鯖街道
瑞雲寺手前の橋を渡る
h2849 1
再度百里新道の登山口の看板が
h2849 2
心地よい広葉樹林帯を抜ける
h2849 3
イワウチワだけどトクカワソウと言うのかな、この辺りでは
h2849 4
おそらくトクカワソウ
h2849 5
登山道から春の百里ヶ岳を望む
h2849 6
頂上手前
h2849 7
百里ヶ岳山頂
h2849 8
今日は頂上から木地山峠に向かう
h2849 9
木地山峠の三叉路、ここから左側上根来に降りる
h2849 10
タチツボスミレ
h2849 11
沢沿いを降りる
h2849 12
上根来部落にある案内看板
h2849 13
牛舎近くのソメイヨシノ
h2849 14
ここから、鯖街道根来峠の登り口、再び登る
h2849 15
いたるところに古木が
h2849 16
広葉樹林の尾根道
h2849 17
根来峠 ここから再び下山
h2849 18
時折登山道と林道が交錯する
h2849 19
ここを渡渉すればすぐそこが駐車場
h2849 20


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

鯖街道お疲れ様でした。
結構距離のありそうな感じですか?

お花も始まって、山がにぎやかになっていきますね。
今年もいっぱいのぼりましょう(^-^)

No title

居酒屋与太郎さん、こんばんは。
20km近くも歩かれたんですね!お疲れ様でした。
私は夏の日暮れが遅い時だと(夜10時くらいに真っ暗になります)ちょっと距離が長いコースに挑戦することもありますが、まだ20kmに達したことはないので、すごいなあと思いました。
イワウチワ、かわいいお花ですね~。
桜も素晴らしいです。そのままそこでお花見したくなっちゃいそう。
たくさん歩かれた後、ご自宅でのお酒が美味しかったことと思います^^

No title

おはようございます。やまびこさん。
百里ヶ岳は関西百名山で京阪神から訪れる人も多いようです。色々なところからアプローチしコース取りを変えられるので、重宝できる所です。今回は最初滋賀県側から頂上に登り高島トレイルを歩いたあと福井県側登山口へ降ります。そして再び鯖街道から峠を越して滋賀県側に戻るコースだったので、20km弱の距離になりました。

そーですネ。これからの登山が楽しみです!

No title

おはようございます。アルペン猫さん。
そーなんです。今回は頑張っちゃいました。
でも、一人だったらこのコースは選択しなかったと思いますヨ。ご一緒された方が体力ある方だったので、私は一生懸命ついていっただけなのです。

この辺りはイワウチワやイワカガミの群生地なんですが、丁度開花し始めのタイミングで見ることが出来良かったです。

帰宅後の晩酌の事、完全に見透かされていますね(笑)

No title

居酒屋与太郎さん おはようございます。
長距離ほんとうにお疲れ様でした。歴史の道をあれこれ想像しながら歩くのも楽しいですね!それにしても十八里とは考えられません。名古屋からだと彦根辺りまで行ってしまいますよ(^_^.)

No title

こんばんは。みのろーにんさん。
歴史街道は所々に昔の痕跡が残っていたりして興味深いです。
旧鯖街道は今の距離にして72km。これを根来峠、花背、鞍馬、出町と1昼夜かけて歩いたそうです。おまけに重荷で幾つも山超えをしてますから、昔の人々は健脚だったのでしょうね。
1昼夜が丁度いい鯖の塩加減になったと言います。

No title

居酒屋与太郎さん こんばんは

僕もその、ゆる~い理由で山登り始めましたよ(笑)
今では別の理由も付加して楽しみが増えましたが(^^

イワウチワ、こちらでも咲き始めてます。トクカワソウって初めて知りました。
微妙に違いがあるようですが見分けは難しそうですね。

僕も昨日ひさしぶりに20km歩きました。
居酒屋与太郎さんみたいに晩酌楽しむ余裕なく、疲れて爆睡しました(^^

No title

こんばんは。としパパさん。

そ~ですね!付加価値効果ありますよね。お酒も美味くなりますし、でも本末転倒ですが(笑)

私もトクカワソウとイワウチワの違いはわかりません。葉の形だともいうし地域的なものだという意見もあるみたいで、少し曖昧な見解が多いようです。

やはり、1日15kmを超えるとお陀仏になっちゃいますね!

No title

案内、ありがとうございました!

なかなか行く機会のないエリアですので、一緒に歩いていただけるのはありがたいです。

比良エリアの陰に隠れてしまってますが、なかなか素晴らしい山ですね。
来年も、あの桜を見に来ようと思います。

No title

こんばんは。タニナカさん。
いや~、案内になっていたのかどうか怪しいもんです。
それより、色々と楽しいお話させて頂いて、充実した登山でした。最後の渡渉が最大の難関になるなんて、笑ってしまいましたね!

今度は愛宕の裏道や、夜中の登山など是非ともご案内下さい。基本的にいつでもOKデスよ(笑)