FC2ブログ

白馬岳 1日目



初日
7月1日の金曜日から梅雨の合間を縫って、Nさんとお約束の白馬岳へ。
週末の天気予報が2転3転する中、1週間前から天気図や発雷予想との睨めっこ状態になった。結局前日朝の判断で決行することになったが、慎重かつ粘った甲斐あって山行はまずまずの天気に恵まれた。
午前0時にNさん宅で待ち合わせ早朝4時前に栂池駐車場からタクシーで猿倉に移動。午前4時45分頃の登山スタートとなった。
白馬尻に着く頃には山頂付近の山並みが雲から顔を出し、一日の好天が予想できる幸先のよい滑り出しに足取りも軽かった。
例年にない雪不足とはいえ、大雪渓はやはり天空へと続く峨々たる逕路に変わりない。
アイゼンを装着し一歩一歩と着実に登ってゆく。時折小石の転がる音に耳を澄ませながらやがて、雪渓から蒸気が沸き立つと吹き下ろしの風が心地よく頬を撫でる。
葱平まで無事到達し、アイゼンを外し一服しているとゴォーという地鳴りとともに、かなり大きな石を巻き込み落石が発生した。一瞬何が起きたかわからなかったが、後で地震の影響による落石だと分かった。随分大きな声で下方の登山者に注意喚起を行ったが、幸い誰一人落石に巻き込まれることはなかった。
白馬頂上山頂の手前まで辿りつくと高山植物が辺り一面を飾りだし撮影のためについ足が止まった。
結局残り少しの距離を足を止め止め歩いたため、予定より白馬山荘に到着が少々遅れた。場合によっては、杓子岳、鑓ヶ岳にも行くつもりであったが、明日の下り坂天気を理由に天気のいいこのチャンスを撮影に費やすことにした。ま、与太郎得意の体のいい言い訳であるが・・。
その日は山頂付近でゆっくり過ごし、白馬山荘の夕食時に他の登山者と山の話で盛り上がった。シーズン前の平日とあって部屋も二人貸切で、終始ゆったりと贅沢な山小屋を満喫した。

猿倉荘から出発
h2871 1
今回は鑓温泉周りはやめました
h2871 2
林道から山々が顔を覗かす
h2871 3
最初の渡渉
h2871 4
オオバミゾホオズキがお出迎え
h2871 5
1時間ほどで、白馬尻小屋の有名な文言
h2871 6
白馬尻から大雪渓方面を見上げる
h2871 7
アイゼンを装着しベンガラを辿る
h2871 8
雪渓から沸き立つ水蒸気
h2871 9
振り返って、ん~落石跡が多い
h2871 10
白馬岳頂上方面を見上げる
h2871 11
雪渓の上は抜ける青
h2871 12
雪解けが進み所々クラックが
h2871 13
テガタチドリ
h2871 14
葱平で雪渓が一旦終わり
h2871 15
今度は雪渓をトラバース
h2871 16
小さな避難小屋
h2871 17
作業用リフト跡?
h2871 18
ハクサンイチゲの群生
h2871 19
ミヤマシオガマと雪渓
h2871 20
白馬頂上山荘まであと少し
h2871 21
オタカラコウ
h2871 22
キヌガサソウ
h2871 23
エンレイソウ
h2871 24
ミヤマオダマキが白馬の空に溶け込む
h2871 25
ミヤマオダマキと白馬頂上山荘の看板
h2871 26
白馬頂上山荘
h2871 27
振り返って眼下は雲のじゅうたん
h2871 28
白ウルップソウとウルップソウの群生
h2871 29
杓子岳と鑓ヶ岳方面
h2871 30
真ん中あたりに剱岳
h2871 31
白馬山荘から白馬岳を見上げる
h2871 32
白馬山荘創設者、松沢貞逸翁のレリーフ
h2871 33
巨大な白馬山荘が眼下に
h2871 34
白馬岳頂上
h2871 35
頂上から旭岳方面
h2871 36
大雪渓を見下ろす
h2871 37
眼下が雲に包まれる
h2871 38
少し雲が抜けてきたか?
h2871 39
白馬岳東面は切れ落ちている
h2871 40
白馬山荘は富山と長野の県境に建っている
h2871 41
ウルップソウと白馬岳
h2871 42
後光が差す白馬岳
h2871 43
オヤマノエンドウと白馬岳
h2871 44
杓子、鑓が近い
h2871 45
ミヤマキンポウゲ
h2871 46
シナノキンバイ
h2871 47

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

素晴らしいお天気の中、梅雨とは思えない登山日和ですね、これは撮影会がはじまってしまっても仕方ないと思います^^d

白馬岳、次女と狙ってます。
ついてきてくれるのか(笑)
与太郎さんの写真を見て、ますます登りたくなってきました(`・ω・´)ゞ

No title

居酒屋与太郎さん、こんばんは。

ダイナミックな眺めですね!
こういう景色をバックに咲くお花たちがさらに素敵さを増してますね~。
こんなところ歩いたら、私、絶対に先に進めなくなりそうです^^;
落石ではどなたも怪我されなかったとのことで安心しました。
地震ではそういうことも起きちゃうのですね。
地震やらクマやら、日本の山歩きの方が何倍も難易度高いなあと感じます。

続きも楽しみにしています^^

No title

おはようございます。げんじさん。
そーなんです。初日は思っていた以上に好天に恵まれて、超スローペースの登山会となりました。

娘さんと行かれるのですか!相変わらず仲睦まじいですね。大雪渓は落石が多いので気をつけて下さい。

No title

おはようございます。アルペン猫さん

後立山連峰は例年ならこの時期もっと残雪が多いのですが、今年は大雪渓も痩せていたようです。それでも、白馬は美しい姿を見せてくれました。
女性の方も沢山登られていますから、アルペン猫さんなら十分行けますよ!
今回の落石は本当にびっくりしましたが、登山中にはこういうリスクもあるんだと改めて気が引き締まる思いでした。

2日目は霧と風に撮影阻まれましたが、頑張ってアップしますね!


No title

居酒屋与太郎さん おはようございます

先週末、白馬岳は天気大丈夫だったんですね。
ミヤマオダマキ、見たことないです。綺麗なお花ですね!

居酒屋与太郎さんなら杓子岳・鑓ヶ岳も余裕だったと思いますが
山頂付近でまったりもいいですね~(^^)
今夏、行ってみたいです。

No title

こんにちは。としパパさん

二転三転の危うい天気予報でしたが、予定していた金曜、土曜日に女神が微笑んでくれました。
特に初日は空気も澄んでいて、お花に日差しが差し込み映えていましたヨ!

塩見のときは、ひたすら歩く時間が長かったので、今回はゆったり、まったりと白馬を楽しみました。この山は慌てるともったいないですからね(笑 )