FC2ブログ

白馬岳 2日目

2日目
早朝3時半頃に身が覚め、窓から日本海側を覗いてみると霧の合間から富山の街の明かりがはっきりと見えた。
御来光が山肌を染めることに一縷の期待を抱きながら、4時15分頃に宿のお弁当を持って白馬山頂に向かった。強い風に吹かれながらしばらく霧の抜けるのを待ってはみたが、再び霧に包まれた白馬岳はいっこうに日が差し込む様子はなく諦めて下山することに決めた。
結局、ブロッケンも夕焼けもモルゲンロートも拝むことはなかったが、昨日白馬岳一帯を十分堪能できたので、そこは良としよう。
途中、霧と風に悩ませられながら、花の撮影に足を止め昨日同様ゆっくりと進んだ。
肝心の花撮影は、ピンボケの連発であったが懲りずにシャッターを押し続けた。
船越の頭あたりから、やっと霧も抜け忽然と白馬大池が眼下に現れた。白馬大池ではチングルマの群生や、他の花々撮ったり、遅い朝食を取ったりしながらしばらく滞留した。
乗鞍岳の岩場歩きに難儀しながら、やがて天狗原まで下山すると、再び霧に包まれだし幻想的な湿地帯の散策を楽しむことができた。天狗原で最後の休憩を取ると、最後は一気にロープウェイ乗り場まで下山し、午後12時ジャストの便に飛び乗った。
下山後は栂の湯で汗を流し、雪渓で疲れた足を癒した。
2日目のスタートこそ霧に覆われたが、終始快適で充実した登山を楽しめた。

霧の中のイワベンケイ
h2872 1
タカネヤハズハハコは開花前
h2872 2
ハクサンシャクナゲ
h2872 3
ミヤマアズマギク
h2872 4
行く手は霧に包まれたまま
h2872 5
アオノツガザクラ
h2872 6
小蓮華山は霧の中
h2872 7
高度が少し下がると霧が抜けてきた
h2872 8
白馬大池が顔をのぞかす
h2872 9
振り返って大雪渓方面
h2872 10
船越ノ頭辺りから霧がなくなる
h2872 11
白馬大池が近づく
h2872 12
チングルマの群生
h2872 13
チングルマと白馬大池山荘
h2872 14
ハクサンコザクラと白馬大池山荘
h2872 15
湖畔の山荘
h2872 16
裏手にもチングルマの群生
h2872 17
この花の名が分かりません!樹木です
h2872 18
岩の前に咲くイワイチョウ
h2872 19
振り返って白馬大池
h2872 20
キバナノコマノツメと言うそうです
h2872 21
乗鞍岳頂上
h2872 22
最後の雪渓を下る
h2872 23
岩場が終わると眼下に天狗原が
h2872 24
天狗原の木道
h2872 25
水芭蕉の群生
h2872 26
大きい水芭蕉
h2872 27
ワタスゲと木道
h2872 28
天狗原の休憩場所
h2872 29
ニョイスミレ
h2872 30
ベニバナイチゴ
h2872 31
栂池山荘に到着
h2872 32
振り返って小蓮華方面
h272 33
ヒオウギアヤメ
h2872 34

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん おはようございます。

白馬岳はずいぶん昔、それも半世紀前に何も考えずただ人の後をついて行っただけで、もう一度ゆっくり見たいものですよ。
素晴らしい景色と高山植物いいですね!

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

白馬岳お疲れ様でした。
いいですね~。大雪渓も圧巻ですね。

落石も多いと聞いてますがどうでしょう。
人も多かったですか?いつかは歩いてみたいルートです^^

No title

おはようございます。みのろーにんさん。

初日は梅雨の合間の好天でした。このコース、健脚の方は日帰りされるようですが、急くと勿体ないところです。
ウルップソウは北海道とここしか咲かない花のようですよ。

No title

おはようございます。やまびこさん。

久々に、まったりとした登山でした。例年になく雪が少なかったですが、それでもここの大雪渓は長かったです!
初日は天気にも恵まれ、花や景色を満喫できました。

丁度雪渓の大部分を登り切った葱平辺りで地震があり、かなり大きな崩落落石が起こりました。下方にいた人たちに大石が真っ直ぐ転がっていたので、何度も大声で注意喚起しました。
幸い、けが人は出なかったようですが、身が縮む思いでした。

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

私は日本で山歩きをしたことないから登山用語もあんまりよく分かってないんですが、皆さんの記事を拝見させていただいて、やはりドイツ語からのものが多いなあといつも気づかされます。
今回は、”モルゲンロート”で、またドイツ語が使われてる~と学びました^^
お花、イワベンケイとキバナノコマノツメはこちらでも咲いてるのをたまに見ることができます。
標高があるだけに、高山植物らしいのがたくさん咲いてますね、いいなあ。

No title

おはようございます。アルペン猫さん

多分、イギリスの宣教師ウェストンが来日したときに、登山用語を伝えたのだと思います。本場アルプスの登山経験があるウェストンは日本の山々を世界に紹介し穂高や白馬のある山域をジャパニーズアルプスと呼んだそうです。
そー言えばロープのことをザイルと言いますもんね!

そちらでも、同じ花が沢山咲いているみたいですね。
白馬は花の宝庫なので色々な高山植物に出会えます。今回見逃したものも多々ありますが山頂付近の白いウルップソウは珍しいと聞きました。

おはようございます。

素敵です♪
霧?朝もやのなかのお花の写真も可愛らしいです。
白馬大池眺めながらゆっくりテント泊で疲れを癒したい、ますます思いが募りましたよ^^/

No title

こんにちは。ゲンジさん。
2日目の頂上付近は殆ど雲の中でしたが、それはそれで幻想的でした。ただ、小さな花を見逃したり、露出がとれず写真は苦労しました。ま、腕がないので環境のせいにしてみました(笑)

ゲンジさんの妄想が段々膨らんでますね!!是非白馬訪れてみて下さい。