キレット歩き1日目 鹿島槍ヶ岳を経てキレット小屋へ

kasimayari.jpg

初日
信越地方は梅雨が明けきらぬ中、本格的登山シーズンが始まる寸前に後立山連峰へ
平日金曜日早朝とあって、扇沢の無料駐車場は空き空き状態であった。
暗い内に駐車場を出発し、柏原新道登山口から鹿島槍ヶ岳を目指す。そして今回山行のメインは五竜岳までのキレット歩きである。幸い天気に恵まれ、足元の懸念を取り除いた状況でチャレンジ出来て良かった。
初日は、種池山荘までは普通の登山道を徐々に高度を上げ、そこからしばらく気持ちの良い稜線歩きを楽しんだ。冷池山荘辺りから、切れ落ちた崖地などが増えはじめ険しい山に入ったことを感じさせられた。南側からの鹿島槍ヶ岳への登坂は警戒するような所はなく、いつの間にか登頂していた。
しばしの眺望を楽しんだあと、いよいよ核心のキレットへ突入であるが、いきなり北側が切れ落ちており、多くの登山客がここで引き返す理由が改めて解った。湧き出した霧の合間を縫いながら吊尾根へ下り北峰に登り返す。ただ、そこから先が岩稜の鎖場の連続で、下りの多いこのルートは気を使った。ようやく、宿泊地のキレット小屋が見えだした頃に、ルート確認で歩いていた山小屋の人とすれ違った。生の登山道情報を仕入れ、初日最後の難所へ突入。
有名な水平梯子を抜け、最後の岩場の鎖を伝いながらキレット小屋へ無事到着。
先に、キレット小屋に到着していた登山者がリュックも降ろさず放心してベンチに腰かけていた姿が印象的であった。

扇沢から少し下ったところにある鹿島槍ヶ岳への入り口
h28719 1
しばらくこのような登山道が続く
h28719 2
合間から扇沢のバスターミナルが見える
h28719 3
つかの間の水平道
h28719 4
ヨツバシオガマ 
h28719 5
ハクサンフウロ 
h28719 6
種池山荘に到着 
h28719 7
朝露に濡れたチングルマ 
h28719 8
種池山荘から望む爺ヶ岳 
h28719 9
振り返って山荘の裏に立山連邦と剱岳 
h28719 10
あれが鹿島槍か 
h28719 11
爺ヶ岳山頂 
h28719 12
北アルプスの山並みが 
h28719 13
次の冷池山荘が見える 
h28719 14
冷池山荘の東側は切れ落ちている 
h28719 15
ハクサンフウロの群生 
h28719 16
冷池山荘到着 
h28719 17
テン泊の方たちが 
h28719 18
チシマギキョウ
h28719 19
鹿島槍が近づく
h28719 20
鹿島槍ヶ岳はもう少し
h28719 21
鹿島槍ヶ岳山頂
h28719 22
霧で覆われているがここを降りるのか・・
h28719 23
あれが、北峰だ!
h28719 24
吊尾根
h28719 25
そして北峰に登り返し
h28719 26
北峰山頂は霧に包まれていた
h28719 27
登ってきたところがチラリ見える
h28719 28
一旦降りて、ここを行く
h28719 29
これが鹿島槍、五竜間のキレットか!
h28719 30
キレッキレッである
h28719 31
切れ落ちて登山道が見えない
h28719 32
ここを永遠降りてゆく
h28719 33
左側も、右側も切れ落ちている
h28719 34
ハイマツで一呼吸
h28719 35
危険と言われなくても、十分肌で感じています
h28719 36
降りてきたところを振り返って
h28719 37
有名な水平梯子
h28719 38
そして垂直梯子
h28719 39
こんなところにもミヤマオダマキが健気に
h28719 40
梯子を下りて
h28719 41
あ、あそこから降りてきたのか!
h28719 42
まだ垂直壁を降りる
h28719 43
確かにこの辺りのすれ違いは怖いかも
h28719 44
もしかしてあれがキレット小屋?
h28719 45
ここからも鎖場が続く
h28719 46
左が切れ落ちた水平歩道
h28719 47
鎖の連続
h28719 48
谷に呑みこまれそうだ
h28719 49
おっ!これがキレット小屋か
h28719 50
それにしてもすごいところに建てたものだ!
h28719 51
余ほどホッとしたのかリュックも降ろさず休んでる
h28719 52
立山連邦には雲がかかり始めた
h28719 53
小屋の前に咲いていたミヤマクワガタ
h28719 54
夕日を見るには不穏な雲が・・
h28719 55
これが精いっぱいの夕焼けでした。
h28719 56

2日目に続く(頑張ってアップします)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。

凄い!!
ちょうど、みんなとここに行こうと話していたのですよ。
これが八峰キレットですか。
想像以上に、、、((((;゚Д゚))))
つづきが楽しみです。

No title

おはようございます。ゲンジさん
キレット、怖かったけれど楽しかったですよ!
ここは、やはりキレット小屋利用で軽荷で行くのが鉄則のようです。ザックが大きいと岩に引っ掛けそうになりますから。
お花は余裕がなくて結構見逃したかもしれません。でも2日目は少し余裕出来て風景綺麗に撮れたかも(笑)

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

鹿島槍ヶ岳のことをWikiで読みながらお写真拝見させていただきました。
Wikiに”最も難所”とされる箇所、梯子などのお写真を見た時はドキドキしてしまいました(汗)。
今もちょっとドキドキ^^;
小屋は、私もこちらでは、”よくあんなところに建てたなあ”と思うことが度々あります。

続きも楽しみにしています!

No title

居酒屋与太郎さん こんばんは

す、す、凄ーい!!
こんな難易度の高いコース、さすがです!
鹿島槍ヶ岳に五竜岳、どっちも行ってみたいです。

八峰キレット、スパッと切れ落ちてますね~(汗)
確かにザックの引っ掛けは洒落にならないですよね。
僕はヤバイ箇所とかで外付けされてる方とすれ違うの苦手です。

No title

こんばんは。アルペン猫さん。
あのキレット小屋どうしても見たくて行ってきました!
近くから見ると、ホントに驚きの場所に・・でした。
正直、初日は余裕がなくて思った場所で写真が撮れませんでしたが、2日目は少しだけ撮りたいシーンとれたかも・・?頑張ってアップしますね!

No title

こんばんは。としパパさん。
ソロだったので、実は前日から緊張していました!
槍、穂高間の大キレット歩かれた方は「ここは大したことないよ」とよく言いますが、私には十二分に怖かったです。
鎖になるべくテンションかけず岩を頼りに行きましたが、ザレ場は3点支持が出来ず一番ビビったかもしれません。
天候さえ良ければとしパパさんの足腰なら多分楽勝のコースですよ。

No title

居酒屋与太郎さん

私のアルプスデビューのコースです。
私は遠見尾根側からまわりました。

料理が美味いと評判のキレット小屋ですね。
続編をお待ちしております。

No title

こんばんは。目目連さん。
いつもブログ楽しみに拝見しております。

このコースがデビューとは恐れ入ります!
多分山麓から登られたんでしょうが、空木の尾根を思い出させる長い登山道ですね。

キレット小屋の夕食、朝弁当も本当においしゅうございました。2日目は少し写真を撮る余裕が出来たので、多少ましなショット有るかもしれません(笑)。