FC2ブログ

② 岩木山

②岩木山
青森に到着した時には岩手山頂上を覆うように雲がかかっていたものの、一部青空が広がり期待を持たせる天気であった。
岩木山はスカイラインを使えば8合目、さらにそこからリフトで9合目までと殆ど登山をしなくても頂上に立てる。私の場合昨日、月山でリフトを利用したこともあり、どうしても下から登りたかった。
登山口の岩木神社は観光客でごったがえしていたので、少し迂回しスキー場ゲレンデの麓に車を置きそこから登ることとした。一転こちらからの登山客は皆無で、8合目付近までは誰にも出会うことがなかった。
おまけに、焼け止ヒュッテの手前からは雨が降り出し、辺りは霞んで見えなくなってしまった。ただただ滑りやすい岩場を黙々と歩を進めるしかなかった。昨日に続いての視界不良にテンションが下がっていた時、鳳鳴ヒュッテ付近で突如大勢の人たちと遭遇。所謂リフト組との合流地点にいつの間にか到達していた。一縷の望みを託して最後の岩場を登ったが結局終始山頂付近からの津軽海峡は望むことが出来なかった。
下山後も津軽富士の全山容は確認できず仕舞だったが、太宰治が十二単を広げたようだと形容した美しい裾野は目に留まった。でも、なんといっても月明かりの岩木山を背景に待宵草を見ることができなかったのは、宵待草のようにやるせなかった。
取り敢えず弘前市内で翌日の買い出しを済ませ、気持ちを切り替え明日に備えることとした。
ところで、ここ青森の名酒といえば田酒が思い浮かぶのであるが、実はその他の銘柄を殆ど知らないことに気付かされた。今度機会があれば、津軽と修治の事でも思い馳せながら青森銘柄で一献傾けてみよう。

岩木山 標高1625m (岩木神社コース6時間)


岩木山神社の鳥居
h28910 1
スキー場手前のキャンプ場
h28910 2
スキー場ヒュッテをくぐりスタート
h28910 3
岩木山山麓を見ながらしばしスキーゲレンデを歩いて
h28910 4
ここから本格的登山道が
h28910 5
林を抜けて
h28910 6
焼け止まり避難小屋の手前から、雨が降り出す
h28910 7
振り返るとほんの僅かに弘前の町が
h28910 8
雨に濡れてよく滑る岩稜の登山道
h28910 9
標高1450mの種蒔苗代に来ても、いっこうに晴れる気配なし
h28910 10
長平登山道分岐 この辺りから多くの人と出会う
h28910 11
小さな池が
h28910 12
岩木山山頂避難小屋
h28910 13
山頂の鐘
h28910 14
頂きに立ってみるが、何も見えない!
h28910 15
鳳鳴ヒュッテで、一休みし濡れたタオルを絞る
h28910 16
大きな岩稜が真っ二つに割れている
h28910 17
下山途中で一瞬、弘前市内を見渡せたのだが・・
h28910 18
下山すると、ん~山麓はやっぱ晴れている。
h28910 19
弘前城の手前で
h28910 20
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん こんばんは

東北遠征、お疲れさまでした。
それにしても凄いスケジュールですね~
山登りはもちろん移動も大変ですし休養日以外は車中泊だと疲れもとれなかったのではないのでしょうか?
10日で10座はタフすぎます(^^

僕も山旅してみたいな~
東北に行く機会があれば今回のレポ必ずチェックさせていただきます(^^!

No title

こんばんは。としパパさん。
白山、別山を日帰りでひょいひょいと行く人が何をおっしゃいますやら(笑)。10日10座と言っても、八幡平のように、1時間半ほど平原を歩くコースもありますし、比較的キツイと感じたのは3~4座程ですよ。(荒島程度だと思います)
でも、詰めた行程になったので移動は大変だったかもしれません。そんなことから、結局今回一度もテントは張りませんでした。火が着かず乾燥米を水戻しからのリゾット飯もありましたv-12

霧や雨の日が多かったので、いいフォトはあまりないかもしれませんが、頑張ってレポしますね。

No title

居酒屋与太郎さん、こんばんは。

登り始めの時も青い空が見えてるし、下山後もそうなのに、お山の上だけは雲がかかって雨が降ってたんですね。
そういう時に岩の多い道は滑りやすくて私はとても苦手です^^;
そっか、青森といえば太宰治!岩木山、確かに富士山みたいな形をしてるし、裾野、美しいですね。こうやって富士山みたいに見える山が他にもあるとは、興味深いです。
山頂だけに雲がかかってるのは、山らしいといえば山らしいですね。

とにかく、まだ旅も最初の方ですし、お天気はいまいちだったにせよお怪我などがなくてなによりでした。

No title

おはようございます。アルペン猫さん。

岩木山を弘前市辺りから見た時が裾野の広がりを一番感じました。また雲がかかっている風景も、それはそれで絵になっていました。でも、実際登ってみると、ずぶぬれのうえ足は滑るし風は冷たいし・・
これが単独峰の厳しさかなと思いつつ、津軽の陰鬱さに太宰のことを思い出しましたヨ。でも、実際の津軽の冬はこの何倍も厳しいんでしょね。

ここの後は少しづつですが天気が上向いてきたので少しましなフォトがアップできそうです(笑)

No title

居酒屋与太郎さん こんばんは。

予定した日に登れるかどうかですが良かったですね。津軽富士はやっぱり形の良い山ですね、少し楽して登りたいですよ。

No title

こんばんは。みのろーにんさん。
津軽富士の裾野は美しかったですね!
頂上から見渡せることが出来たら言う事なしだったんですがね・・。
今回は頑張って裾野辺りから登ってみました!