FC2ブログ

紅葉の清滝、愛宕、保津峡

13日(日)はN氏とI氏の3人で京都清滝の紅葉狩りに
交通規制が入る前に高雄観光ホテルに駐車し、清滝川辺を徐々に下ってゆくコース取りである。清滝口迄来ると谷間にも日差しが入り、紅葉が映える。
表参道から愛宕山をゆっくり登りながら途中から裏道に入れば、やがて紅葉に包まれた廃屋の愛宕登山鉄道頂上駅舎が目に飛び込んできた。ひと時駅舎撮影に時間を割いたあと愛宕神社を目指して歩く。愛宕神社でお参りと昼食を終えると、三歳宮参詣の子供をおぶったお父さん達が額に汗し息を切らして登ってきた。記念撮影にはいい日和だったが少々日差しが暑く親御さんには試練の詣だったことだろう。私には爺参りは到底無理なことだと思う。
水尾の分岐を下ると、里には柚子が鈴なりになっており、隠れた湯宿で柚子湯に浸かりながら酒を呑む姿を妄想しつつ古道に取りつく。明智越の分岐を超え1時間余り歩くと、谷から人の声がこだまする。何かと覗けばそこは保津峡を下る船から聞こえる歓声であった。保津峡を右手に見ながら、途中橋脚を渡り保津峡トロッコ駅に到着。トロッコ電車が到着するまで、しばしホームで休憩し、撮影に奔走する人を泰然と眺める。トロッコが発車すると同時に我々も出発。保津川辺を下りながらしばらく歩くと、桂川に合流する保津川と清滝川の三叉路が見える。今度は清滝川辺を上りながら、水面に映る紅葉を愛でる。流れの遅い清滝川はよどみがなく、鏡のような水面に映りこむ紅葉がどこまでも美しく続く。廃屋になった料亭も、この時期だけは紅葉に飾られ賑っていた様子が今に蘇る。 
一段と増えた観光客から逃げるように清滝口も後にし、清滝川の上流を目指した。
高雄まで戻ると周りの紅葉がさらに映え、有名なもみじ旅館が絵画から飛び出したような佇まいで私たちを迎えてくれた。
当初六分くらいと聞いていた清滝の紅葉も、光と水面の演出に最盛期を待たずして、最高の彩りを見せてくれた。

高雄発、清滝、愛宕、水尾、保津峡経由 高雄着
総距離26㎞ 所要時間8時間15分
h281113 0
高雄観光ホテル界隈も色づき始めている
h281113 1
清滝の紅葉
h281113 2
旧愛宕登山鉄道頂上駅跡
h281113 3
廃屋の駅舎が絵になる
h281113 4
愛宕神社社務舎前の参道
h281113 5
愛宕神社は三歳宮参詣で賑わい始める
h281113 6
参道で上を見上げれば
h281113 7
水尾の里は柚子が鈴なりになっていた
h281113 8
明智越分岐を通り過ぎる
h281113 9
保津峡に出ると
h281113 10
保津下りの船から観光客が手を振ってくれる
h281113 11
保津峡トロッコ駅にディーゼル車が到着
h281113 12
保津川の川辺を船と一緒に歩きながら下ってゆく
h281113 13
対岸に見える料理屋の廃屋
h281113 14
再び清滝川に合流し
h281113 15
紅葉が映る水面を見ながら歩く
h281113 16
清滝に架かる朱色の橋と紅葉
h281113 17
廃屋の料亭も紅葉に蘇る
h281113 18
清滝川の流れは止まっているかのようだ
h281113 19
よどみのない水面に紅葉が映える
h281113 20
清滝の川床と紅葉
h281113 21
有名なもみじ旅館つり橋前
h281113 22
紅葉のトンネルの中に旅館がある
h281113 23
高雄は紅葉が美しい
h281113 24
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

トロッコ列車に乗ってその後に川下り、4年前の3月にやりました。
その時はまだ桜も咲いてなかったのですが、秋はこんなに素晴らしい紅葉が見られるんですね!
春にもう一度再訪してみたいなあと思ってたけど、紅葉の時期、川下りはしなくても周辺を歩くだけでも素晴らしい景色を満喫できそうですね。
こんなに鮮やかな紅葉はまだ一度も経験したことがないです。
素晴らしい景色を見せていただいてありがとうございます!

おはようございます。アルペン猫さん

実は川下りの船は一度も乗った事がないんですよ。この日は季節の割に暖かく、川下りには最適だったかもしれません。

保津峡の落合橋から高雄に抜ける道は、車や自転車は通行出来ませんから、自分の足でゆっくり紅葉が楽しめます。
今回はまだ色付6分くらいでしたが、ときおり鮮やかな紅葉が見ることが出来ました。最盛期の高雄の紅葉はもっと真っ赤になりますよ。

居酒屋与太郎さん おはようございます。

紅葉がいいですね!水尾の分岐から下りられたようで、水尾の里は一度ゆっくり歩いてみたいと思っていますが・・・。
何年か前に愛宕山はピストンでした。森嘉のトウフを行列して買ったことがありました。

素晴らしい紅葉の中、がっつり歩かれましたね。
当日もきっと余裕で歩かれるのではと思いますよ^^d

無事合流できることを楽しみにしております。

こんばんは。みのろーにんさん。
水尾の里から明智超をしたかったのですが、亀岡まで出てしまうととんでもなく時間かかるのでやめました。
やはり、保津峡から清滝ラインは紅葉の季節が一番だと思います。
森嘉のトウフで一杯呑みたいですね!

こんばんは。ゲンジさん。
先週の金毘羅山、そして今回の保津峡周りを経て次週の京都廻り三連ちゃんに繋げる予定だったのですが・・。残念です

色々情報頂いて連絡下さったのに申し訳ございません。
次の機会を楽しみにしております!!

居酒屋与太郎さん、こんにちは。


紅葉のシーズンですね。やっぱり紅葉は赤と黄色が混じると華やかさが出ますね。

25kmですか~。相変わらず長距離を歩かれてますね。

岐阜県西濃地区の低山は今が紅葉のシーズンです。機会があれば出かけようと思っています。

おはようございます。やまびこさん

紅葉はやはり、鮮やかな緑に美しい赤と黄色が混ざるグラデーションが一番ですね。嵐山界隈の紅葉はまさにそんな感んじかと。

このコースは愛宕山の登り以外は、下りと平地歩きがほとんどなので、距離の割に辛くはありません。

養老の山は綺麗でしょうね!