FC2ブログ

皆子山となめこ採り

26日はH氏の案内にてN氏、I氏と皆子山周辺のなめこ採りにご一緒した。
なめこ採りが初めてなら、おニューのスマホにダウンロードしたジオグラフィカという山ナビも初めて。何から何まで勝手がわからないまま、平にある無人寺から登山道にとりつき、皆について行く。
最初は登山道沿いのなめこを探しながら登ってゆくのだが、こういった目的で山を登ると普段とは視点が変わり面白い。日頃は見向きもしない朽ちた木々や、倒木の荒れ地も宝の山に見えてくるのだから不思議なものである。
時間の経つのも忘れいつの間にか皆子山に登頂。今回ほど周辺の景色や、眺望に気を取られず登ったのは初めてであったかもしれない。皆子山は京都府最高峰であり大原の里10名山なのだが、目的はピークハントではなく、あくまでもなめこハント。
登山道沿いのなめこは既に前客に採りつくされており、皆子山登頂時点では大きな収穫は無かったが、とりあえずN氏のはからいで採れたてなめこ汁をご相伴させて頂いた。

昼食後はいよいよ登山道をはずれ、本腰を入れてなめこ採取に奔走する。
最初はこんなところまでもなめこが採りつくされているといった感があったが、さらに奥まで入ると、やがて色艶の良いなめこの群生に出会う。
登り道では干からびた冴えないなめこが多くいまいちであったが、下りでは光沢ある美しい形の良いなめこの大群に我を忘れて採取に没頭した。
ナイロン袋一杯にして、詰め込んだリュックの重量は増すばかりだが、歩く皆の足取りが段々軽くなってゆくのは見ていて滑稽である。
時を忘れ、自然と戯れ?十二分に「な・め・こ」を堪能して、やはりいつの間にか下山。H氏の的確な案内と、N氏の動物的嗅覚、そしてI氏の軽い身のこなしで大収穫のなめこ登山となった。なめこの可愛さと愛しさに包まれた、正になめこデーであった。

下山後は、某場所にて忘年会?も兼ねて今日の収穫を、純米生酒大治郎で祝った。
そして、今宵はなめこで溢れた鍋をつつきながら一献傾けるつもりである。

初めて試してみたジオグラフィカ測定結果
h281126 0
大津市葛川坂下町

平面距離  7.8km
沿面距離  8.3km
記録時間 05:40:59

最低高度 453m
最高高度 971m

累計高度(+) 924m
累計高度(-) 920m

平均速度 1.5km/h
最高速度 5.1km/h

消費カロリー 1575kcal

無人のお寺からスタート
h281126 1
杉林を抜けてゆく
h281126 2
なめこ捜索開始
h281126 3
大量を発見!が手が届かない・・
h281126 4
皆子山到着
h281126 9
なめこ汁を準備
h281126 7
皆で採れたてを頂く
h281126 8
記念撮影
h281126 14
ナイロン袋がだんだん膨らんでゆく
h281126 10
良質のなめこ発見
h281126 5
なめこが光輝く!美しい
h281126 6
下でしばし紅葉を愛で
h281126 11
出発地点まで戻ってきた
h281126 12
純米生酒大治郎 収穫祝に今夜お出まし
h281126 13
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとうございました。

「リュックは重くなるが、足取りは軽くなる」はその通り。
写真に写っている皆さん(自分も含めて)の顔がなんとにやけていることか。
日曜日は、なめこ汁、なめこの佃煮を作りました。
天気も良く、なめこ日和でしたね。

こんばんは。Nさん。

いい日和で、いいなめこが沢山ゲットできましたねv-14

昨夜は、家でも鍋から溢れるほどなめこを入れました。普段と違って我が物顔で具をつつきましたよ!
呑まないと思っていたのに、つい日本酒にも手が出てしまいました(笑)


居酒屋与太郎さん、こんばんは。

わーっ、なめこ!こんなに輝いて生えてるんですね!!
私、最近キノコにとても興味があるのですが、知識がないのでキノコ狩りには行けません・・・。
人が通る道は採りつくされてますよねぇ。
先日、山歩き中に大きな道の間違いをした時にアンズダケをたくさん発見したので、やっぱり奥に行かないとないんだと実感しました。
私もキノコ狩りだけを目的にいつか山歩きをしてみたいです!

おはようございます。アルペン猫さん

私もきのこは全く解らないので、レクチャーをうけつつ今回の参加となりました。
スーパー等で売っているものと違いよく成長したものはまったけ程の大きさもあるので最初は信じがたかったのですが(笑)
でも、なめこは枯れ木にしかつかないので、他のきのこ違い分かりやすかったですよ。
結局場所次第ですね。今回も沢山採れたのは登山道を外れてからでしたから。よくわかった人と一緒しないと採れないかも。

おはようございます。

皆子山は武奈ヶ岳にも近い山ですね。
ナメコらしいキノコを見つけたことはありますが、止めておこうということになりました。それにしても大きなナメコですねぇ。
マツタケを探して10年以上、収穫はまだゼロです(笑)

こんばんは。みのろーにんさん。
滋賀と京都府県境で静かな良い所です。この山は何度か訪れていますが、なめこがこれだけ沢山あるとは・・
やはり、人間は興味のないものには盲目なんですね。

なめこ狩りとは、何とも楽しそうですね。
朽ちた木々が宝の山、、、想像するだけで楽しそうですよ。

大原の里10名山。
そうか、先のブログにも書かれてありました金毘羅山、江文峠、、、
同じ場所をすこし歩いていたのですね。
なんか不思議です(笑)

こんばんは。ゲンジさん。
今回は本当になめこ採りだけに興じました。
こういったアプローチもいいもんですね!

江文峠、鞍馬、夜泣峠と京都の里山はどこも情緒が有って良いですね。
京都は結構、ぶつ切で訪れているいるのですが、やはりひとつなぎにすると地形がより明確に分かります。