年末年始厳選のお酒

年末年始の楽しみと言えば、遅寝遅起きではなく恒例のスキーでもなく、やはり私にはこれが一番、厳選チョイスした納得の日本酒を呑むことである。
昨日から呑み始めた「浅茅」を含め4種の日本酒に舌鼓を打つ予定である。
ボキャブラリーに乏しい私には酒の特徴が表現出来ないので、酒造元が謳っている特徴とコンセプトとそのまま掲載させていただいた。取り敢えず、今呑んでいる「浅茅」の特徴は酒造元の説明通りである。強いて言えば、最初にインパクトのある酸が立つ白ワインに近い感覚の日本酒と言うことだろうか。
この4種の酒は、比較的入手しにくいものが多いのだが、特に富山の羽根屋は品薄で、やっと手に入れることが出来たので開封が楽しみである。
日本酒が苦手な方々も、きっとこの4種の中にお好みのものがみつかるはず!!
h281220 1


浅茅(アサヂオ) 特別純米無濾過生原酒責取り 「渡船六号」 精米歩合 60%
平井商店 滋賀県大津市
上槽時の一番最後に搾れる部分のお酒を「責め」といいます。先の部分よりは雑味もありますが、雑味は旨味でもあります。最後の部分ですのでほんの少ししか取れません甘酸っぱい柑橘系の酸が長く尾を引き、かつ濃厚で旨味とキレもあるのが特徴です。。
h281220 5

羽根屋 特別純米しぼりたて生酒 「五百万石」精米歩合60%
富美菊酒造 富山県富山市
香りはないようで実は口に含むとしっかり、味わいはしなやかで・・でも味わい食事の中ほど、食と寄り添うのは「特純しぼりたて」の特徴です。
h281220 4


越乃寒梅 純米吟醸 灑
 「五百万石・山田錦」精米歩合55%
石本酒造 新潟県新潟市
穏やかな香りと、体の中にスッと流れ落ちていくような飲み心地。それでいて確かな米の旨味を感じます。灑が目指したのは、そんな、控えめな中に芯のある、ライトで飽きの来ない日本酒です。かつて日本酒ブームの火付けとなった越乃寒梅の淡麗で呑みやすさを今に継承しています。
h281220 3


麒麟山 純米吟醸辛口
 「たかね錦」精米歩合50%
麒麟山酒蔵 新潟県東蒲原郡阿賀町
麒麟山では、「料理の味を引き立て、それによって酒も旨さを増すように」というコンセプトの下、香り控えめで味に締りのあるキレの良い辛口酒を造り続けています。
h281220 2

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント