今年初の雪中山行 武奈ヶ岳

今年初の雪中山行は、寒波明けの武奈ヶ岳
登り始めは比較的遅い時間だったが、平日とあって殆ど人がいない。
お蔭で心許ない坪足のトレースがあるのみ。前のお二人もなかなか武器を使おうとされないので私も前例に従って坪足で頑張る。
汗を拭うのに上着を脱いだついでに、ついにわかんを装着。雪質もパウダーに変わってきたので、いい諦め時だったかもしれない。その後も、パフパフの雪に難儀しながら少しづつ歩を進めた。
いつもより時間がかかりつつも、御殿山に到着すると一気に視界が広がり、武奈ヶ岳も青空を背に手招きしてくれているように思えるから不思議である。
この時期としては決して多い雪ではないのだろうが、尾根筋の雪も根が締まっておらず足元がおぼつかなかった。
何度も登っているお山にもかかわらず、悪戦苦闘した分登頂した時には達成感に包まれた。
今日は久々の晴天で、積もりたての雪が青空に映えて美しかった。

大津市葛川坊村町

平面距離  7.7km
沿面距離  8.6km
記録時間 06:41:29

最低高度 283m
最高高度 1,217m

累計高度(+) 1,526m
累計高度(-) 1,501m

平均速度 1.3km/h
最高速度 11km/h

消費カロリー 2155kcal
h29118 0

武奈ヶ岳 坊村側登り口 最初から積雪が
h29118 1
神社も雪に埋もれている
h29118 2
山麓はなんとか沈まずに登山靴だけで登る
h29118 3
こんな傾斜でも、靴のみで粘る
h29118 4
雪質がパウダーになるにつれ、段々坪足に
h29118 5
この辺りで観念し、今シーズン初のわかんを履く
h29118 6
樹氷だ!
h29118 7
この辺は吹き溜まりで2m位は積もっている
h29118 8
樹氷が、だれて雪爆弾に変わりつつある
h29118 9
御殿山で一休み 目的地の武奈ヶ岳を眺める
h29118 10
反対側には蓬莱山 いわゆる琵琶湖バレイですな
h29118 11
一旦ワサビ峠へ降りる 標識ももう少しで埋まりそう
h29118 12
再び登り返し
h29118 13
また振り返ると御殿山が見える
h29118 14
武奈ヶ岳が近づく
h29118 15
さらに近づいて
h29118 16
雪庇の横を歩く 踏み抜くほど雪庇が育っていない
h29118 17
この辺りは雪が深い 足が取られて進みづらい
h29118 18
ここまでくると、今度は雪が薄い 風が抜ける場所なのであろう
h29118 19
最後の登り 宇宙に近づいているような錯覚に
h29118 20
無事、登頂 標識に遠慮がちにエビのしっぽが張りつている
h29118 21
琵琶湖の向こう側に伊吹山がよく見える
h29118 22
奥琵琶湖は静かに水を湛えている
h29118 23
東の方角には、霊仙山に始まり鈴鹿の山並みも見える
h29118 24
担担麺を食べた後は、おにぎりを放り込んでリゾットに
h29118 25
北の方角は、日本海も薄ら見える
h29118 26
折り返して帰路に着く
h29118 27
尾根筋は雪が多い
h29118 28




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居酒屋与太郎さん おはようございます。

これなら冬山でも冷えたオニギリが食べられて便利ですね!
担担麺の後のリゾット、参考になります。

こんばんは。みのろーにんさん。
やっと周辺の山々も冬らしくなり、登り甲斐もあります。

最初のおにぎりは気持ち程度ですが、2個目はリゾットにして温まりましたよ!担担麺の辛みが冷えた体に染み込んでいきました。


居酒屋与太郎さん、こんにちは。

青い空と白い雪のコントラスト、素晴らしいですね!
それに樹氷の眺めはなんだか別世界のようです。
でも一番目を惹くのはやっぱりお食事かも^^
雪山の上には行けないから、雪の積もった庭に出てカップ麺を食べてみようかなという気分になりました(笑)。

おはようございます。アルペン猫さん

雪に阻まれて、登りは通常の2倍時間がかかってしまいました。でも、苦労した分青い空が視界に広がってきたときは感動が有ります。いつものお山なんですけどね!

樹氷は少し解けていましたが、お天気は最高でした!こんなときは、暖かいカップ麺に限りますv-221

こないだはブログに訪問ありがとうございました。
素晴らしい景色ですね、つぼ足で歩くのはちょっと厄介ですけど(^^;)
九州ではスノーシューを付けるほどの雪はなかなか降らないし、一度行ってみたいですね(^-^)
担々リゾット!次回やります(笑)
お疲れやまでした(^-^)

ようこそいらっしゃいませ!ちゃりんこさん。

九重山ほど高くはありませんが、冬の武奈ヶ岳は美しい姿を見せてくれます。
機会が有れば、是非こちらまで遠征下さい!ご案内しますよ。案内になるか分かりませんが(笑)

担担リゾットは貧疎なレパートリーの一つです。私こそちゃりんこさんの、オリジナル飯も参考させて頂きます!!