八重の梅が咲く頃、只今の家呑み用お酒

雁木 ひとつび 
純米 精米歩合60% 山口県岩国市 八百新酒造株式会社
雁木の無濾過生原酒の場合、ジューシーな味わいが特徴だが、ひとつびの場合火入れしてある分、すっきりとした飲み口に仕上がっている。それでいて、複雑なうま味を感じさせとてもバランスのいい飲みやすいお酒である。
山口には優秀な酒が多い!

gangi.jpg

而今 特別純米無濾過生
 麹米:山田錦20%掛米:五百万石0% 精米歩合60% 三重県名張市 木屋正酒造

このお酒、商売人以外はなかなか手に入らない酒の一つであるが、定価2千7,8百円のものを、ネットでは1万3千で売っているのにはびっくりである。
このお酒の香りは白ワインのよう。含むと、甘みに酸味のバランスが程よく広がり後から旨味が加わる。とてもキレもよく、和洋どちらでも合わせやすいお酒である。
同じ鈴鹿の伏流水を使っているせいか滋賀県水口の三連星に似通った味であると感じる。

jikon.jpg

横山五十 純米大吟醸 
精米歩合50% 山田錦 長崎県壱岐市 重家酒造株式会社

このお酒は対馬海峡にある壱岐で生まれた酒である。フルーティーな酒は数あれど、最初にマスカットの香りが立ち口に含めば、程よい甘みが広がる。程よい甘いと複雑な味わいも後を追ってやってくる。
この地の酒造も珍しければ、酒の味も個性的で今まで出会ったことのない代物である。
玄界灘で取れる魚やトビウオ等のみりん干しなど、食材に合わせた仕上がりにしてあるのであろう。一度、常温か人肌くらいで飲んでみるといいのかもしれない。

yokoyamaiso.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

いい酒ですね~。呑みたくなりますね。

でも冷蔵庫がいっぱいになっちゃいますね^^

こんばんは。やまびこさん。
なんか最近九州シリーズで攻めています!イメージと違って、中々美味しいお酒が多くて・・
冷蔵庫の野菜室は例のごとく、酒の保管庫になっています(1升びん5本)