FC2ブログ

八淵の滝~ワンゲル道

5月21日
30度を超える真夏日、無理のない行程にしようと週末の登山計画を何度も変更。
結局比良のイン谷口に車をデポし高島ガリバー旅行村からN氏と二人で黒谷に一旦下った。
滝口からは魚止めの滝に続き、難所の障子の滝が現れる。瀑布のしぶきが岩稜の足元を濡らし、垂直登りの場所でいきなりの緊張を強いられた。通常ルートに復帰すると、やがて清涼を湛える大摺鉢に到着。今冬の大雪の犠牲となり鉢に横たえる倒木を眺めながら、しばしの休息をとる。
再び歩き出すと今度は、貴船の二筋に流れ落ちる瀑布が見え始める。ここで峡谷の谷部に一旦降り、滝を色々な角度から眺めつつ梯子、鎖を頼りながら再び滝の上部に立つ。
外界が酷暑とは思えないほどの納涼を味わいながら更に上を目指し、七編返しの滝を過ぎたあたりで沢筋から離れる。しばらく、樹林帯を登ると突然視界が開け、比良スキー場跡へ飛び出す。ゲレンデ跡を歩き北比良峠の眺望のいい場所で芝生に腰を下ろすと、あまりの心地よさにお尻に根が生えてしまった。
長い休息のあと、今度は折り返し広葉樹の登山道で釈迦岳に向かう。釈迦岳で昼食を済ますと、ワンゲル道の急坂を取り付けのロープを頼りながら下った。
シャクナゲの咲き残りや白いイワカガミを愛でながらゆっくりと下山道を歩いた。
ゲレンデ部以外は終始、沢筋と広葉樹の木陰歩きで終始快適な登山を楽しめた。
当初白山の山スキーも視野に入れていたが、別当出合までの林道が開通しておらず断念。結果的に酷暑の中、グッドチョイスの快適山行であったと思う。


高島市鹿ケ瀬
平面距離  9.0km
沿面距離  11.1km
記録時間 06:30:05

最低高度 269m
最高高度 1,064m

累計高度(+) 2,289m
累計高度(-) 2,449m

平均速度 1.7km/h
h29521.jpg
高島ガリバー旅行村
201705210002.jpg
黒谷へ向かう
201705210003.jpg
沢の横を登ってゆく
201705210004.jpg
最初の滝が見えてくる
201705210005.jpg
魚止めの滝
201705210006.jpg
滝のしぶきに濡れた岩が滑る
201705210007.jpg
障子滝の瀑布
201705210008.jpg
恐る恐る上から覗く
201705210009.jpg
大摺鉢に倒木が
201705210010.jpg
鉢の上の滑滝
201705210011.jpg
貴船の滝
201705210012.jpg
澄んだ水
201705210013.jpg
ツインの瀑布
201705210014.jpg
清流が続く
201705210015.jpg
七遍返しの滝
201705210016.jpg
この辺りで沢から分かれる
201705210017.jpg
まだところどころシャクナゲが残っている
201705210018.jpg
比良スキー場跡
201705210019.jpg
北比良から琵琶湖を望む
201705210020.jpg
ここからカラ岳・シャカ岳へ向かう
201705210021.jpg
広葉樹の登山道
201705210022.jpg
釈迦岳頂上
201705210023.jpg
イワカガミも残っていた
201705210024.jpg
ワンゲルの急坂を下る
201705210025.jpg
足元が悪い
201705210026.jpg
ガレ尾根を歩く
201705210027.jpg
つつじの赤が映える
201705210028.jpg
最後の岩場を越える
201705210001.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

相変わらずロングトレイルですね。
暑いので、水のあるところもいいですね。

僕も週末の登山の工程を出発直前まで迷っています(笑)

こんにちは。やまびこさん。
ここ数日で急に暑くなりましたね!

鈴鹿はそろそろヒルが恐いので、比良の水場にしました。
外界の暑さを忘れるくらい涼しかったですよ。

登山行程を直前まで迷うのは、天候や自分の体調を勘案するからであって、
やまびこさんは慎重なんだと思います。私の場合は優柔不断なだけですが(笑)

居酒屋与太郎さん、こんばんは。

既に30度ですか!
5月でその気温は・・・、真夏はどうなるんでしょう(汗)。
こちらもようやくこの季節らしいお天気になってきましたがそれでもまだ25度を超える日は滅多にないので山もまだ歩きやすいです。
暑い日はこういう水のあるコースがいいですね。
水がとても澄んでて、中に入りたくなってしまいそうです!

おはようございます。アルペン猫さん

関東では35℃を超える猛暑日もあったようですv-15
ドイツはいかにも涼しげで羨ましいですね!
でも、今日から日本列島を覆っていた暖気がぬけ、少し涼しくなるようです。

ここは適度な滝ツボが沢山あるので海水パンツで浸かっている人もいますよ。私もその一人でしたが(笑)10年程前の話です・・

居酒屋与太郎さん こんにちは

このコース一度調べたことあるんですが
上級者向けのバリエーションルートですよね。
さらっと行かれてしまうのは流石です。
お山にある滝にはすごく興味あるんですが
僕だと間違いなく落ちてしまいますね^^

海水パンツで滝ツボですか!
一度、やってみたいです(笑

こんばんは。としパパさん。

黒谷から入る滝口ルートについては確かに人は少ないかもしれません。
でも、バリエーションルートというほどのものではありませんよ。本来はロープ確保でクライミングするべきなんでしょうが、鎖場でなにも無くても十分足場も確保できます。
としパパさんならこの行程を往復されるんじゃないですか(笑)

暑い日は清涼感あって、変化もあって楽しいコースです。是非訪れてみてください。お勧めです!

居酒屋与太郎さん こんにちは。

ワンゲルの急坂キツそう、涼しそうでいい所ですね。
花を見ると疲れがとれるような気がしてホットします。

こんばんは。みのろーにんさん。
滝は音を聞いているだけでも涼しげに感じました❗
ワンゲル道は傾斜がきついのですが、今回は下りに使ったので慎重に歩けば問題なかったです❗