FC2ブログ

天ヶ森(ナッチョ)、天ヶ岳

6月10日
京都北山の奥深く、今日はナッチョ目指して歩いてみた。
大原を外れ、国道477号線を百井側に入る。登山用の駐車場なんてものはないので、道路わきの僅かな空き地に停め、登りだした。つい見逃してしまいそうな登山口だが、誰が置いたか鹿の頭蓋骨が目印になっていた。
ここは、登り口こそ心もとないが、しばらく歩くと新緑の広葉樹に包まれた登山道が続き、終始快適な歩きを楽しめる。
今日は、ナッチョ頂上も天ヶ岳頂上にも誰も人はいなかった。途中2人の登山者とすれ違うばかり、やはりシャクナゲの時期を過ぎるとこんなマニアックなところへは誰も興味示さないのだろうか。天ヶ岳は鞍馬駅からアクセスできるので、通常そこそこ人で賑わっているのだが、義経の亡霊すらいなかった。おかげで、ゆっくり静かな散策が出来た。

今回は山と高原地図からトレースを記録
開始日時:2017-06-10 08:23:54
終了日時:2017-06-10 12:53:57
総行程14km
2017061000.jpg
国道477から百井の方へ少し入ったところ
201706100001.jpg
鹿の頭・・これが目印か?
201706100002.jpg
ちゃんと有りました!ナッチョの登山口目印
201706100003.jpg
朽ちた橋を渡って
201706100004.jpg
この辺りから杉林を抜ける
201706100005.jpg
思ったより快適な登山道
201706100006.jpg
ここがナッチョ分岐
201706100007.jpg
鹿よけのネットを抜けて
201706100008.jpg
ここが大原の里10名山ナッチョ山頂!
201706100009.jpg
天ヶ森が正式な名称?
201706100010.jpg
木漏れ日あたり快適な山頂
201706100011.jpg
京都市内が見えるのだけど・・ちょっと霞んでいる
201706100012.jpg
今度は下り道
201706100013.jpg
ナッチョ分岐から
201706100014.jpg
誰か、ここまで荷物運んできたのかな?思わずここで道間違え・・
201706100015.jpg
少し崩落があるので迂回して
201706100016.jpg
何のためだかH鋼が刺さっていた
201706100017.jpg
広い古道に出てきた
201706100018.jpg
立派な別荘のようだが、今は使われていない様子
201706100019.jpg
百井の部落に入るには鹿よけを超なければならない
201706100020.jpg
長閑な山村の部落、百井
201706100021.jpg
このお宅は、ライオンがお守りしている
201706100022.jpg
百井周辺は古道が多い
201706100023.jpg
右が百井峠、この分岐を左へ
201706100024.jpg
大原、鞍馬の看板が出てきた
201706100025.jpg
ここでは鞍馬駅側に進む この辺り義経も歩いたのかな?
201706100026.jpg
そして、本日2座目の大原の里10名山、天ヶ岳
201706100027.jpg
今日は頂上に誰もいなかった
201706100028.jpg
ここを右に
201706100029.jpg
この辺りは岩場が続く
201706100030.jpg
この分岐を左へ、右は大原、静原へ下る
201706100031.jpg
快適な尾根道
201706100032.jpg
鉄塔を横切って。本日初めてまともにお日様に照らされる
201706100033.jpg
真ん中の僅かにとがったところがナッチョ 対面の尾根筋から
201706100034.jpg
長い尾根道、この辺りはシャクナゲの群生地だが終わっている
201706100035.jpg
救助標識が1に、あともう少し
201706100036.jpg
杉林が終わりに近づくと
201706100037.jpg
最後にこの橋を渡って再び国道に出る
201706100038.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

最近飲みすぎで太りに太ってしまったやまびこです。

うーん、夏山まで痩せなきゃ、遠征も厳しいです(^^;

日々トレーニングを積まなきゃいけないですね。

呑みつきでどこに行きましょうかね・・・いろいろ検討中です

おはようございます。
ビールが美味しい時期になりましたから、ついついつられて食べ過ぎになってしまいますからね!だだでも辛い山登り、体重が増えると結構膝にきたりしますから~、酒飲みはコントロールが大変です。

呑みつきはお任せします!偶には敦賀辺りもいいんじゃないですか。

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

ナッチョ、日本の山にしては珍しいカタカナの名前なんですね。
天ケ森という名よりナッチョという名の方が一般的に使われてるんでしょうか?
鹿の頭蓋骨はこちらではよくアルム小屋で飾りに使われてます。
角付きだとけっこう見応えあります。

↑呑みつきで山歩き計画、いいですね!
私もアルコールはけっこういけますので、お近くだったらぜひご一緒させていただきたいくらいです(笑)。

居酒屋与太郎さん こんばんは

ナッチョですか・・・語源は納所のようですが変わった山名ですね。
シャクナゲが有名みたいですが一年中登れる山のようですし
こちらだと富士写ヶ岳みたいなお山かな。。。

天気のいい日が続きますね。
あちこち行きたいお山があってどこに行こうか悩みます(^^

こんばんは。アルペン猫さん。

そうですね。カタカナ名は珍しいかも。
最初、なっちゃん って言ってました(笑)
角付きの鹿の骨は迫力あるでしょうね!

私の場合、呑みは必須項目なので、ソロでも下山後は必ず(ほぼ?)晩酌です!!

こんばんは。としパパさん。

確かにナッチョは珍しい名前ですよね!
石楠花道は、このナッチョ側ではなくて天ヶ岳側の道筋にあります。
そーですね。群生は富士ヶ写のようなのですが、眺望はあまりよくありません。
でも、長閑で京都の奥古道の雰囲気があろうかと思います。

こんなにいいお天気が続くと、チョイス迷いますね。
遠征もしてみたいですね!

与太郎さん久しぶりです(^^)
ナッチョって面白い名前の山ですね
良い雰囲気の山道
けどもH鋼や台車があるのが不思議(^^)
京都の街を上から見てみたいです。

熊のニュースを良く聞きますが、そちらは大丈夫なのですか?
九州は熊、いないのでですが山に入って襲われている人が多いので怖いですよねー。
是非気を付けて山歩き楽しんで下さいませ(^^)

おはようございます。ちゃりんこさん。
気になる名前でしょ!ナッチョて。
眺望はあまりよくありませんが、快適な広葉樹帯を歩くので気持ちいい所です。
不自然なものがあると、つい見入ってしまいますよね。
私のところから京都までは魚商が通った鯖街道という古道があり、案外近いんです。

熊はおっしゃる通り、この界隈はまさに生息地です。
鈴やラジオの鳴り物は必須なんですが、最近はそれらも気にしない個体が増えてきたそうでやはり、少し怖いですね。
九州は熊がいないんですね。祖母山がエコパーク指定されましたし、風光明媚で安全なところって羨ましいです!!