堂満岳~八雲が原~カラ岳

10月1日(日)

月替わりとなっても何故か2週続いての比良山系。
今日は、イン谷口から堂満岳、八雲が原を経由してカラ岳から戻る周回コースをチョイス。
週末にもかかわらず結局堂満岳頂上までは誰にも出会わなかった。爽やかな広葉樹林帯を過ぎると、頂上手前は高度200mを傾斜45度位で登りきる登山者泣かせのコースである。辛いはずの急坂も、涼しい風のせいか、バテることもなく無事登頂。そのまま間を置かず、一気に八雲が原を目指した。
八雲に至るまでの道筋に、小川が現れるのだが標高1000m前後の山にもかかわらず800m辺りに豊富な水量を湛え、美しい水が流れる奇跡の場所である。八雲が原周辺で湧き出た水が集積し、美しく豊富な水の流れを作り出すのだろう。
かつてスキー場だった八雲も元の姿に戻りつつあり、湿原の雰囲気を醸していた。
八雲を過ぎると、琵琶湖を横目にカラ岳から、旧比良リフト沿いに下っていった。

平面距離  10.6km
沿面距離  11.9km
記録時間 04:58:03

最低高度 226m
最高高度 1,054m

201710010000.jpg
イン谷口駐車場
201710010001.jpg
メインルートではないので少し分かりにくい
201710010002.jpg
この建物の横から登る
201710010003.jpg
ノタノホリ 6月はモリアオガエルでいっぱいになる
201710010004.jpg
今日は風が良く抜ける
201710010005.jpg
大きな岩が、登山道の脇に沢山ある
201710010006.jpg
とても快適な登山道
201710010007.jpg
しかし、この辺りから急坂が続く
201710010008.jpg
振り返って琵琶湖
201710010009.jpg
そして堂満岳頂上
201710010010.jpg
頂上から望む琵琶湖
201710010011.jpg
頂上を後に金糞峠に向かう
201710010012.jpg
峠まではなだらかに下ってゆく
201710010013.jpg
ここが金糞の四差路
201710010014.jpg
ここを八雲に向かう
201710010015.jpg
この辺りから河川の渡渉を繰り返す
201710010016.jpg
奇跡の川 1,000m程の山にかかわらず標高800mのところに豊富に流れている
201710010017.jpg
河川の横を歩く
201710010018.jpg
砂地に濾されて綺麗な水だ
201710010019.jpg
避難小屋?
201710010020.jpg
ここの橋は間が抜けている!
201710010021.jpg
比良修験道有志の建立と書かれている
201710010022.jpg
ここが修復された八雲の池
201710010023.jpg
八雲の湿原
201710010024.jpg
木道も整備されている
201710010025.jpg
この湿原はかつて比良スキー場ゲレンデだった リフト後も見える
201710010026.jpg
琵琶湖大橋を見ながら
201710010027.jpg
カラ岳へ向かう
201710010028.jpg
ここらも快適な登山道
201710010029.jpg
カラ岳頂上は、テレビ中継アンテナが建っている
201710010030.jpg
左が黒谷、右に見えるは先週歩いたリトル比良の一部
201710010031.jpg
ここを右に下る
201710010032.jpg
かつてここがロープウェイの中継駅だった
201710010033.jpg
正面に先ほど登ってきた堂満岳が見える
201710010034.jpg
狭いが、下りやすい
201710010035.jpg
レフト跡を通り抜け
201710010036.jpg
リフト登り口駅に到着 今は廃屋になってしまった
201710010037.jpg
振り返ってかつてのリフトルートを見上げる
201710010038.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

この日、僕は鈴鹿を登ってましたが、空は雲で覆われてました。
風が強かったですね。平野部はピーカンだったのに残念でした。

紅葉のシーズンが来ますよね。どこか紅葉を見がてら登って行こうと思ってます^^

No title

こんばんは。やまびこさん。

鈴鹿も雲に覆われてましたか!
比良もお昼前から怪しげな雲が広がり少し残念でした。

いよいよ紅葉シーズン。これからの週末に天気が合えばいいですね!

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

気温が下がると疲れをあまり感じずに歩けるのがこれからの季節いいですね^^
でも傾斜45度は・・・、かなり辛そう(汗)。
上の方の水はとても澄んでてきれいですね!
これは飲んでも大丈夫なのかしら。
元はスキー場としてにぎわってた場所なんですね。
こっちはスキー場の開発だらけでうんざりすることも多いですが、閉鎖の跡は
またそれはそれで寂しい雰囲気も漂ってますね。

お疲れさまでした!

No title

こんばんは。アルペン猫さん。

この日は風もあり涼しくて、比較的歩きやすい日和でした。
傾斜のきつさもなんのその、気温の影響大きさ改めて感じました。

ここの小川は湧き水が砂地に流れてとても綺麗で飲めると聞きました。でも、直接飲むには抵抗あるかな・・
湧いている場所のすぐ近くや、石清水なら動物の糞などが混じる心配はないのですが。
今から15年程前スキー場だった頃まで、息子を連れてよくここにスキーにきました!
そのころ、この辺りを冬登山をしている人が奇怪に見えたものです(笑)