アイスバーンの武奈ヶ岳

H30,1,13

天気のタイミングを見て、好天の武奈ヶ岳へと出かけた。
向かう途中、朽木村峠あたりの気温がなんとマイナス10℃を示していた。
武奈ヶ岳頂上ならいざ知らず、まさか国道際でこんな寒いなんて・・
近辺では初めて体感する寒さであった。
にもかかわらず、山に登り始めても肝心の雪は全然ない!標高600mくらいからようやく雪らしきものが見え始めたが、なんせこの寒さ。カチカチに凍りついて、しかも薄く土にへばりつくような嫌らしいアイスバーン。
しばらく、靴だけで粘ったがあまりに滑るので観念し、今年初のアイゼンを装着した。
途中、ご一緒した京都の方に丹波周辺の山のレクチャーを受けながらの、のんびり山旅となった。

週末とあって頂上には多くの人で賑わっていたが、寒さに耐えられず次々と頂上を後にしてゆく。私もそれに習い、昼食と熱いお茶を一杯飲みほすと、そそくさと頂きを離れた。中腹からは凍った急坂の下りを慎重に下りていった。

武奈ヶ岳 坊村からの登山口
201801130001.jpg
登山口から標高600m辺りまでほとんど雪がない
201801130002.jpg
ようやく雪が でも凍っている!
201801130003.jpg
今年初めてのアイゼン発動
201801130004.jpg
左が冬道
201801130005.jpg
尾根筋の雪も固く締っている
201801130006.jpg
日本海側の大雪が嘘のように晴れ上がった
201801130007.jpg
頂上周辺も藪が目立つ
201801130008.jpg
振り返ってびわ湖バレイ方面 晴天だ
201801130009.jpg
この辺りで積雪1mくらいか
201801130010.jpg
武奈ヶ岳の頂きが近づく
201801130011.jpg
青空に映える
201801130012.jpg
頂上は雪が薄い
201801130013.jpg
やはり南側の天気が良い
201801130014.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント