FC2ブログ

冬の銀杏峰再チャレンジ、そして部子山

2月25日(日)
今シーズンはスノーボードに注力してあまり冬山に出掛けていなかった。その割に肝心のボードの上達はまるでなし。
なんだかんだで、あの豪雪で中止になった待望の銀杏峰登山のため、早朝に自宅を出発。
としパパさんとゲンジさんのお二人にご一緒頂いて再チャレンジとなった。
待ち合わせのファミマで早くから車で待機していたのだが、ずっとお隣にいたゲンジさんが分からず、としパパさんの紹介でようやく初対面となった。
ラインなどでは以前からご連絡させて頂いていたが、思っていたイメージよりナイスガイでびっくり。(これはこちらが勝手に想像していたことなのですいません!)

登山口までの車道は雪の壁になっており、取り付きはその壁をよじ登るような状態。ゲンジさんが必殺の膝登りで先頭を切る。その後としパパ隊長が道先案内をして下さった。
雲の中から微かに浮かび上がる太陽の日差しが、霧氷を照らし美しい風景が眼前に広がる。どんどん足を進めるとようやく前山に到着。そこから雲海に覆われた大野の街を見下ろしながら素早い栄養補給を済ますとそそくさと頂上へ向かう。途中ふかふかの雪が足を引っ張るが、ここは頑張りどころと歩を進めて必死でお二人についてゆく。
頂上に近づくとモノトーンの世界が広がり、まるで南極大陸にいるような錯覚に陥る。
(南極は知らないがテレビで何度も見てますからね!)
銀杏峰の頂上は誰もおらず山頂を独占、念願の冬の銀杏峰に登頂出来た。

ただ、そこから何となく不穏な空気が・・。ほぼ問答無用で次の部子山を目指す段取りになっていたようだ。
恐る恐る部子山までの目標時間をとしパパさんに尋ねると、「銀杏峰から往復3時間」と無機質な返事か返ってきた!うん~仕組まれてたなこれは!!と言う間もなく稜線を歩きだしていた。
距離感の分からない私はただついて行くのみ。そして流石に部子山手前の急坂は辛い登りで喘ぎながら足を上げた。ただ、途中から見える風景が何とも言えない美しいもので、重い足取りを少なからず軽くしてくれたと思う。
私にはいささかハードルの高い山行となったが、銀杏峰から部子山までは気象条件がそろわないと行けないとのことで、千載一遇のチャンスに恵まれラッキーな日だったようだ。

途中私のわかんの金具が壊れたり、銀杏峰からの下りルートを間違うなど些細なトラブルはあったものの、無事冬の銀杏・部子山のピストン走破を完遂。結果的にお二人の少々強引な歓待があればこその感激の登山だったと感謝している。
その上晩は2次会までご用意頂いて、本当に充実した一日だった!
翌日、スキージャムで滑走中に足をつってしまったのは、歩き過ぎ、それとも呑みすぎのせいだったのだろうか?? 誰も知る由はない・・

平面距離  13.2km

沿面距離  16.0km
記録時間 07:35:23

最低高度 466m
最高高度 1,448m

累計高度(+) 3,367m
累計高度(-) 3,355m

平均速度 2.1km/h
最高速度 5.7km/h

消費カロリー 3800kcal
銀杏峰・部子山(1)

まるで黒部の雪の大谷みたいですが、この先まで車を入れることが出来ました!
201802250001.jpg
なんと登山口の取り付きから壁登り
201802250002.jpg
ゲンジさんは必殺膝登り
201802250003.jpg
としパパさんが先頭を行く
201802250004.jpg
仁王の松
201802250005.jpg
振り返ると大野盆地は雲海に包まれている
201802250006.jpg
銀杏峰はあの向こう側か?
201802250007.jpg
前山に到着
201802250008.jpg
ニ人そろって素早い栄養補給 お祈りしているように見えますが・・
201802250009.jpg
今からあそこに向かいます
201802250010.jpg
軽快なお二人の足取り
201802250011.jpg
雲の間から霧氷を照らす
201802250012.jpg
どんどん高度が上がる
201802250013.jpg
太陽に浮かび上がるとしパパさん
201802250014.jpg
二人の姿が霧氷と化す?
201802250015.jpg
もくもくと歩くお二人さん
201802250016.jpg
雲の中から太陽が少しづつ顔を出そうかとしている
201802250017.jpg
霧氷が美しい
201802250018.jpg
おお、あれが冬の銀杏峰か
201802250019.jpg
時折振り返る
201802250020.jpg
部子山への稜線が見えてきた
201802250021.jpg
海老の尻尾が育ちました
201802250022.jpg
お二人の姿まるで南極の遠征隊のよう
201802250023.jpg
モノトーンな頂上の風景
201802250024.jpg
空の色と同調して無機質である
201802250025.jpg
誰もいない山頂
201802250026.jpg
ん?もしかして本当に部子山へ・・
201802250027.jpg
頭の中を整理して、、あの部子山目指して取り敢えずGo!
201802250028.jpg
美しい!!本当に
201802250029.jpg
としパパさん早い!
201802250030.jpg
ガツガツ行くお二人さん トボトボ行く私
201802250031.jpg
振り返って銀杏峰
201802250032.jpg
まさに冬の様相
201802250033.jpg
何度も銀杏峰を振り返る
201802250034.jpg
そして、いつの間にか部子山登頂
201802250035.jpg
電波アンテナが見える
201802250036.jpg
トレッキングポールと銀杏峰
201802250037.jpg
白一色に染まった大野の町が見える
201802250038.jpg
伊勢海老くらいの尻尾
201802250039.jpg
銀杏峰を眺めるお二人
201802250040.jpg
ここは一気に下って
201802250041.jpg
自分たちのトレレースを追いかけながら
201802250042.jpg
白山は見えない
201802250043.jpg
長―い尾根
201802250044.jpg
銀杏山へ登り返す
201802250045.jpg
経ヶ岳を望むナイスなお二人
201802250046.jpg
ワゴン車の屋根をはるかに超える積雪
201802250047.jpg

仕切り直しの二次会では”とんちゃん焼き”、銀杏峰のようなもやしの山がそびえる!
20180225001.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん こんにちは

先日はお疲れさまでした!
部子山、決して騙したつもりはなかったんですよ(笑
冬季限定の稜線をぜひ歩いていただきたかったんです。
翌日のスキーは快晴だったんでしょうねー^^

飲みながらの反省会も楽しかったです(笑
またぜひご一緒させてください(^^ゞ

No title

こんばんは。としパパさん。

こちらこそお世話になりました!
天候からして最初から何となく、部子山の匂いしてましたよ(笑)
こういう時は押しが弱いと決心つきませんから、有難いお誘いでした!
お蔭で本当にいい経験させて頂きました!

翌日はピーカンのピステバ―ンで最高でした。板は走る走るわの高速ゲレンデで
滑走中踏ん張った足の土踏まずが思いっきりつってしまいましたv-12
ふんぞり返って足を伸ばしていた姿は滑稽だった思います・・

飲み会までセッティング頂き、充実した1日でした!
是非ともまたご一緒しましょう。例の八淵の滝、青葉狙いで一度嶺南でやりましょうね!!

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

日本のお山の名前は難しい~。
銀杏山も部子山も、ググってみたら全然違う読み方してることに気づきました(汗)。
最初の写真の雪の壁から「おおっ!」となりました。
これくらい、その辺りでは普通なんでしょうか?
お山の上の方では、モノトーンな世界が素晴らしいですね。
皆さん、日々の雪かきで体力はもうばっちりつけらてたんでしょうか^^
とんちゃん焼き、ビールが進みそうですね!いいなあ♪
お疲れさまでした!

No title

こんばんは。アルペン猫さん。

そーなんです。銀杏峰で”げなんぽう”部子山で”へこさん”て言うんです。
実は私も同県内のお山ながら、正確な読み方を割と最近まで知りませんでした。

雪の壁には私も おお~ でしたよ。私の住んでる地域はこんなに積もりませんから。
やはり県内でも大野市界隈は豪雪地帯で、平地で2m山間部で5m越えなんて結構あるみたいですよ。でも今年は例年になく特別に多く積もった年でした。
最初の登山計画時は大雪で皆さん、自宅から出られない状態だったみたいで、少なくとも1週間は雪かきに追われたそうです。

下りてきてからの、ビールは最高でしたよ!これはアルペン猫が一番ご存知ですよね(笑)

こんばんは。

銀杏峰&部子山ハイクお疲れ様でした。
部子山登頂もそうですが、一番は与太郎さんとご一緒することができたことです。
なんだかんだとタイミングがあわずでしたから。

部子山私も、予想以上でヘロヘロでした。
いきなりで申し訳ありません。
天気が良かったという事でお許しくださいね^^;
またどこか行きましょうね^^/

...私もそろそろこの時の記事を書き上げねば(汗)

No title

こんばんは。ゲンジさん。
銀杏峰、部子山ピストンお疲れ様でした!
何はともあれ念願の初ランデブー果たしましたね。ずっとすれ違いでしたから感激も一入でした。辛い登り返しもありましたが、トラブルも含めてトータル大変楽しい山行でした。

それにしてもゲンジさんが部子山初めてだったなんてビックリ。私には荷が重いかと思いましたが、お二人の熱烈な勧誘でついつい足が動きました。
雪の状態や気象条件が合わないければ行けない場所に、お二人も同席も頂いて正に奇跡の1日でしたね!!

また是非ともご一緒しましょう!!