FC2ブログ

釈迦岳・カラ岳

2018/11/11(日)

活動時間6時間31分
• 活動距離9.07km
• 高低差814m
• 累積標高上り/下り927m / 925m
•スタート07:45
•↓2時間31分
•釈迦岳10:16 - 10:24 (8分)
•↓2時間6分
•金糞峠12:30 - 12:41 (11分)
•↓1時間35分
•ゴール14:16

今回のコース記録には、初めてYAMAPというアプリを使用してみた。
アプリからカシミールのGPSファイルの取り出し方法に少々悪戦苦闘したが、解かれば以前利用していた山アプリより使い勝手は良いかもしれない。

H301111釈迦岳,カラ岳(1)
釈迦岳、カラ岳断面図

この日はお約束していたI氏と比良のお山をご一緒した。
比良山系も先の台風で西側斜面は被害が多く、安全な登山が出来そうもないということで今回は、琵琶湖側のイン谷口からスタートする。
数ある比良山登山口の中でも最も傾斜がきついであろう大津ワンゲル道を登りにチョイス。ゆっくりと高度を上げていく。釈迦岳の手前にくると今回ルート間の難所でもあり本日のメイン箇所である、傾斜60度以上はあろうかという岩場に取り付く。鎖は一本も無く、少し頼りないロープが垂れているだけなのだが、樹木の根が岩肌にまるで持ち手のように張り付いており、これが丁度支持ポイントごとに有るのであてにならないロープには頼らず安全に登ることが出来る。我々が登る直前、ロープクライミング講習らしき一面が待機中であったが、先に岩場を越えさせていただいた。
難所を過ぎると、すぐ釈迦岳の頂上に到着。眺望の利かない登頂部をすぐ後にし、電波塔のあるカラ岳を目指す。カラ岳も過ぎ更に歩けばやがて広場に到着。旧ロープウェイ山上駅跡のある北比良峠でしばし散策し、旧展望所で昼食を摂った。
下りは金糞峠をへて、青ガレを時間かけゆっくり降りる。
最近、使い痛みか右膝の調子が芳しくなく、特にガレの多い下りは気を遣う。時折、赤く染まった紅葉を愛で、とりとめのない話をしつつ徐々に高度を下げて行った。
随分時間をかけゆっくり降りたつもりであったが、やはりログを確認するとコースタイムより随分時間がかかっていた。
それでも、トラブルや怪我無く無事帰還できたことはなによりであった。
 

大津ワンゲル道入口
H301111 1
初っ端の渡渉
H301111 2
少々荒れ気味だが問題ない
H301111 3
木漏れ日が心地よい
H301111 4
青空映える紅葉
H301111 5
この辺りからロープが張ってあるが、写真では傾斜感が分からない
H301111 6
難所を過ぎて
H301111 7
釈迦岳頂上
H301111 8
広っぱに出る
H301111 9
天気がいいのだが、まるで春霞のよう
H301111 10
北比良峠
H301111 11
旧展望台で昼食タイム
H301111 12
ここには、何故だか誰も来ない
H301111 13
お地蔵さんにご挨拶すれば
H301111 14
ここが金糞峠
H301111 15
青ガレを紅葉を愛でながら降りる
H301111 16
大分降りて来た
H301111 17
この辺りは既に日陰で、つるべ落としの晩秋を感じる
H301111 18


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

新聞記事で、今年は滋賀から京都の山々では、台風の影響が大きく登山道が荒れてるため、遭難者が多く発生してるため、登山自粛と言っている地公体が多いそうです。

登山者の多い有名なお山はともかく、里山の登山道まで整備が行き届かないのは仕方がないとは思いますけど、倒木等で迂回したりする場合は気を付けなきぃけませんね。

でも紅葉のシーズンなので、低山も賑わしくなってきました^^

No title

おはようございます。やまびこさん。

そ-なんですね。特に滋賀西部から京都北部のお山は大荒れ状態で、数百本から数千本もあろうかという杉の木が一面なぎ倒された箇所が多々あります。普段の私のフィールドの一部なので、ちょっと悲しい状況です。
10月に武奈ヶ岳へ訪れたときは、登山口で警察、消防、地元登山協会等の人々ニ十数名が物々しく注意喚起されていました。倒木地帯を迂回した際の道迷いや転倒、滑落が相次いでいるみたいです。

これから日も益々短くなるので、お互い安全登山に努めたいですね。

No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

台風の影響、いつもの年より大きそうですね。
そうやって荒れた道を整備される方々には感謝、感謝ですねぇ。
今回歩かれたところも所々かなり荒れてるようですが、岩場などを含め無事に歩き終えられたようでよかったです。
紅葉もまだまだ見事な場所がありますね!
空が青いとやっぱり映えますね~。
私はもう今シーズンの歩きは終わりましたので(寒過ぎて低山でももうダメ、笑)、皆さんのをこうやって拝見させてもらうのをより楽しく感じてます^^

No title

こんばんは。アルペン猫さん。
今コースは比較的台風被害が少なくて、危険な箇所もありませんでした。
同じ比良山系なのですが、西側と東側の斜面の被害状況が全く違います。風向きでこんなにも変わるんですね。
ボランティアで整備された方々には本当に感謝です。

そちらはもうオフシーズンですか。つい最近まで20㎞超えを歩かれていたのに、なんだか勿体ない気がします。
オフはビールのみならず、美味しい日本酒にもチャレンジされてみては(笑)九州の佐賀、福岡、長崎にはホントに美味しいワインのようなお酒もあるんですよ!


No title

こんばんは!
山歩きのことからお話それて申し訳ないですが、その九州三県(特に福岡か佐賀)の日本酒でお勧め、ありますか?
来月中旬から帰省するのですが、実家が福岡のすぐ側の佐賀なので、何かいい日本酒があれば購入してこちらに持って帰りたいんですが…。
日本酒も飲みますが、何がいいのかはさっぱり分かりません(汗)。
もしお勧めなどがあれば教えていただけたら嬉しいです!

No title

おはようございます。アルペン猫さん。
ブログのテーマは山だけじゃなく、お酒もメインなので全然ウェルカムの話題です(笑)

酒処は数ある中で、実は佐賀県は有数の日本酒処なんですよ。近隣県含め五銘柄をお勧めしますが、やはりお地元の佐賀県の“鍋島”と“東一”を推薦します。特に鍋島は銀座の高級店でも扱っているようなもので通常中々手に入りませんが、JR佐賀駅前 「佐賀ん酒応援団 しめなわ」さんであれば、殆ど佐賀のお酒が手に入ると思います。でも、私のコンセプトは「お安くて美味しい」ですから、1升瓶で2,500円~3,000円ちょっとのお値段の範囲のチョイスです。

女性の方に特にフルーティーな飲み口をお勧めするのであれば、【生酒】という部類がいいのですが、通常保存適温が5℃~0℃、となっています。でも鍋島、東一であれば【火入れ】タイプでも十分フルーティーで温度の心配もいりません。もし、生酒を遠路持ち帰るのであれば時期的に遠路支えないかお店の方に相談されると良いと思います。

一応、下に銘柄記しておきましたが、他にも種類が沢山あるので、それも含めてお買い求める現地でお聞きすれば教えて頂けますよ。

佐賀県 鍋島(純米吟醸 生酒)(愛山 純米大吟醸)(鍋島裏ラベル)
    東一(純米酒 生酒)(純米吟醸「Nero」)

福岡県 若波(純米吟醸)
    庭のうぐいす(純米吟醸)

長崎県 横山五十(純米大吟醸)

No title

こんにちは。
お酒のアドバイス、ありがとうございます!
全てメモして、スマホにも保存しました(笑)。
アルコール好きではあっても日本酒に関しては全くどれがいいか分からない状態でしたので、
こうやって教えていただいて本当に助かります。
お店の情報もありがとうございます。
佐賀駅の方へはなかなか行く機会がないのですが、もし行くことがあったら…とこちらもメモしました。
実家の近所にいいお店がないかと思ってググったら、佐賀のお酒を取り揃えてる酒店があるようです!
お店の外からの写真に”鍋島”の旗があったのでこのお店にまず最初に行ってみようかと思います。
アドバイス頂いたおかげで、いいお買い物ができそうで楽しみです。
ありがとうございました!